Kay Music Academy

〜子供から大人のためのピアノとチェンバロレッスン〜

2018年発表会アンケート

55歳の生徒さんが発表会の絵を描いてくれました!お花がカラフルで可愛らしいです。思い出の日になったのでしょうね。

皆様に発表会終了後にアンケートをお伺いいたしましたので、ご紹介させて頂きます。

教室のレベルが年々上がっており、これも皆様が日々のレッスンと練習を頑張られている成果だと思います。お友達の演奏をお互いに聞くのが楽しみになり、良い刺激になっているようです。

そして、色々な曲を弾いてみたくなったという方も多く、モチベーションが上がりますね。

私自身も子供の頃の発表会は毎年色々な曲に挑戦して、良い思い出として残っています。

また次回、2月の発表会へ向けて頑張りましょう。

★お子様
①練習量は普段より増えましたか。

●姉妹で演奏
妹さん⇒2週間くらい前にアンプがうまくいかず、そこから毎日計画を立てて弾くようになりました。本番、間違えてしまい、残念でした。
もう少し前からの定着が必要だったかなと思いました。
お姉さん⇒他の習い事があり、毎日は弾けませんでしたが、時間を見つけて練習していたと思います。

●姉妹で演奏
春休み前は増えましたが、春休みは外出などが多いせいか集中力が少し落ちました。
新学期は何かと忙しかったり疲れが出たりで練習量は減りました。

②前回の発表会と比べていかがでしたか。

●妹さん⇒2曲に挑戦できてよかったと思います。繰り返しの曲でなかなかアンプできず大変でしたが、どうやったらアンプできるかなど、先生に細やかにご指導頂けて感謝しております。

お姉さん⇒大分レベルアップした曲(エリーゼのために)で、弾けるのか不安でしたが、自分で弾きたい曲だったこともあり、自分から練習していました。本番もあまりミスなく弾けて、本人も満足していました。

●1つの曲を大切に4ヶ月間練習を積み重ねることができ、成長を感じました。
本人は「すみれ」が上手くならないと心配していましたが、練習の成果を出せたかと思います。

●本人が強弱やスタッカート、スラー、音符の長さや休符の長さ、テンポなどの楽譜内の表現法について意識して弾くようになってきたので、大きな進歩だったと思います。

③印象に残った演奏はありましたか。

●2部の坂本龍一の曲を弾いていた親子の方の演奏が素晴らしかったです。
2部は途中までしかおじゃまできませんでしたが、レベルが高くて、上の子も刺激になったと思います。

●聖者がまちにやってくるを連弾で弾いていた親子がとても楽しそうで、さらにリズム感もよく上手に弾いていた事にとても惹きつけられました。

④今後弾いてみたい曲、憧れの曲はありますか。

メヌエット、トルコ行進曲、It’ s a small world、モアナと伝説の海、アンダーザシー
(ディズニーの曲)、お人形の夢

●トルコ行進曲に憧れています。今現在、ブルグミュラーを弾いていて、楽譜内の曲を色々と聞いていく中で、現在の目標は、タランテラです。

⑤ご自由にご感想をお書きください。

●姉妹で演奏
暗譜がうまくできず、練習がなかなか進まない時も、先生に励まして頂いたり、アンプのコツをご指導頂いたりで、先生のお陰で何とか本番を迎えられました。
妹さん⇒本番、ミスしてしまい残念でしたが、そんなこともあるんだといういい経験になったと思います。
お姉ちゃん⇒また次の曲に挑戦したいと、やる気満々です。これからもご指導よろしくお願い致します。

●姉妹で演奏
2人とも発表会が楽しかったと言っているので、それが何よりも嬉しいです。
下の子は初めての発表会で緊張しており、いつも間違えない曲で間違えてしまった時は焦りましたが、最後まで弾くことができたのは、先生方のご指導のおかげです。

●姉弟で演奏
上の子はサロンコンサートでの失敗を二度としないと思ったのか、暗譜を完璧にした。
長い曲を弾けるようになり、本人の自信に繋がりました。

下の子は初の発表会、サロンコンサートでは上手くいって、なんとなくなんとかなるだろうと言う気持ちがあった。中だるみしましたが、本番は良かったと思う。

●ピアノを毎日継続的に弾く事(子供に弾いてもらう事)の難しさに日々四苦八苦しています。
ついつい、厳しい言い方になってしまい、本人がやる気を持って取り組む環境が作れていないような気もします。
ピアノを続けて行く中で、やればやっただけの上達も実感しているので、厳しさの中にも本人のやる気を見出す事が出来ればいいなと思っています。
ひとまず、今回の発表会が終わってホッとしています。
この練習量を減らす事なく、継続的に続けていきたいです。

★大人

①練習量は普段より増えましたか。

●家での練習量は変わらないが、グランドピアノがあるスタジオで何度か練習しアップライトとの違いを確認した。
●増えました。平日夜のスタジオ練習を増やしました。
●若干増えたと言うか、他の曲の練習量を減らして充当したと言うのが現実かも知れません。

②前回の発表会と比べていかがでしたか。

●前回のクリスマスのサロンコンサートと違い、大きなホールで弾くのも聞くのも違った印象がありよかった。
●2月のサロンに比べて、直前のグランドピアノ練習は非常に役立ちました。運指の変更によりフレーズをより意識するようになったり、各ピアノの練習録音から不自然なテンポ揺らぎや間を矯正できたのは良かったです。得たことは非常に多いです。

③印象に残った演奏はありましたか。

●Sさんのプーランクが舞台袖で聞いていて非常に印象に残った。音楽の女神が乗り移ったかのような演奏だった。

●Sさんの演奏がかっこよかったです。プーランクとても弾いてみたくなりました。

●いつもYさんの演奏は憧れを持って聴いています。毎回違った気づきを頂いてます。ドビュッシーのピアノのためになど、感嘆しかありません。

Sさんのバラード4番も大人ならではの深みを感じました。シューマンも良かったですが凄いと思います。いつかはショパンのバラードどれか弾けるようになりたいものです。

Yさんのドビュッシーも素敵でした。とてもお似合いだと思います。

④今後弾いてみたい曲、憧れの曲はありますか。

ショパンをいつか弾いてみたい。
プーランク、ラヴェル等チャレンジしたいです。
プーランクの軽妙な曲。
ベートーヴェン15バンドソナタ、モーツァルトのファンタジー(d-moll)

⑥ご自由にご感想をお書きください。

●いつも生徒目線でご指導くださり、思い出に残る発表の機会を設けてくださりありがとうございます。曲への取り組み方、効率的な練習方法、舞台に立つ上で気をつけるべきこと、など常に具体的に教えてくださるので自信を持って楽しくピアノに向き合うことができました。

●本番で集中力と脱力含めた体のコントロールするには、練習に加えてやはり場数が必要と改めて思いました。
前回から学びと変化を感じるので引き続き、こういう機会いただければありがたいですし、大事にしていきたいです。
お忙しい中準備含めこのような機会をいただき本当にありがとうございました。

●今回、練習の仕方を習い、身に付けたこと。
自分なりに本番前の練習の仕方に工夫ができたことが少しでも役に立ったことが嬉しく思います。未だ、細々とした傷を消し去れないことが課題だなと思います。舞台の照明はやはり普段とは全然違いますね。鍵盤の見え方に惑わされない様にと思います。どうもありがとうございました。

お問い合わせ
アクセス