Kay Music Academy

〜子供から大人のためのピアノとチェンバロレッスン〜

植山けい イギリスコンサート

2018年3月19日ロンドンのAsia house、3月20日ケンブリッジ大学でチェンバロリサイタルを行います。

ロンドンコンサートの詳細はこちらよりどうぞ。 http://asiahousearts.org/events/evening-kay-ueyama/

3

3月19日のコンサート前にはロンドンの高校生達にチェンバロの公開レッスンをする予定です。イギリスの博物館には素晴らしい名器が収蔵されています。ヴァージナルやチェンバロなど写真と共にご説明をして実際にチェンバロでバロックの曲を演奏して貰い、ワンポイントレッスンをする予定です。 ロンドン生まれですが、イギリスで正式にコンサートするのは今回は初めてとなります。 Cambridge Early Music Societyが招聘して下さり、笹川文化財団とソフトバンクがスポンサーになって下さいました。https://www.cambridgeearlymusic.org/

q    s   so

また、コンサートの収益金の一部を「3.11甲状腺がん子供基金」へ寄付をさせて頂きたいと考えています。 http://www.311kikin.org/

今回のお話を頂いた際に3月という震災の起きた同じ月であることから、東北の震災と関連性のあるプログラムにしたいと願っておりました。色々と調べた結果、東北民謡集より宮城県仙台地方の「さんさ時雨」と岩手県南部地方の「牛追唄」を信時潔さんが1941年にチェンバロのために編曲されていることを知り、是非イギリスで演奏させて頂きたいと思いました。

楽譜の入手が困難だった為、キングインターナショナルよりリリースされた「チェンバロレボリューション」にこの2曲を収録なさっているチェンバリストの有橋淑和さんにご相談して、特別に楽譜を貸して頂きました。また、合わせて日本を代表する「さくら」をチェンバロ用にアレンジして演奏予定です。 その他、イギリスと縁の深いパーセル、ヘンデルから有名な曲をお届け致します。ロンドンにいらっしゃる方がたは、是非お気軽にお越しください。

c

London Concert

Tuesday 19th March

A drinks reception from 18:30  Recital 19:30 Asia House, 63 New Cavendish Street, London, W1G 7LP http://asiahousearts.org/events/evening-kay-ueyama/

Asia House and Cambridge Early Music are delighted to present: An Evening with Kay Ueyama The evening will mark the UK premier performance of prize-winning harpsichordist Kay Ueyama and will consist of works by classical and Japanese composers. The two Japanese pieces that Kay will perform are by Kozaburo Y. Hirai (1910-2002) and Kiyoshi Nobitoki (1887-1965), the latter of which is based on an old Tohoku popular folk song. These works have never been played in the UK before. Kay Ueyama will also play her own arrangement of the most famous of Japanese traditional songs, Sakura (Cherry Blossom). A drinks reception will follow the performance.
3 P1150239-_11-32-16-11_

Programme

Henry Purcell (1659-1695)A New Ground in E minor Z.T682 Here the Deities Approve, from Welcome to All the Pleasures Suite in D Major Z.667

George Frederick Handel (1685-1759) Suite Nr.5 E-Dur HWV430 Kiyoshi Nobutoki (1887-1965) Tohoku Folk song Sansa Shigure Nambu Ushi-oi-uta Kozaburo Y. Hirai (1910-2002) arr. Kay Ueyama SAKURA-SAKURA Fantasy Johann Sebastian Bach (1685-1750) Partita No.1 BWV 825 Joseph-Nicolas-Pancrace Royer (1705-1755) Pièces de Clavecin La Sensible La Marche des Scythes

5

Kay Ueyama

is a prize-winning professional Japanese harpsichordist. Born in London, she grew up in Tokyo. She studied piano at the Longy School of Music in Cambridge, Mass., and harpsichord at the Amsterdam Conservatory, and, in Paris with Christophe Rousset and Huguette Dreyfus. Kay won prizes at the Paola Bernardi Harpsichord competition in Italy in 2003 and in the Yamanashi Early Music competition in Japan in 2005. She teaches at the Kyoto City of Art University and Doshisha Women’s College of Liberal Arts, and is active as a soloist and a chamber musician in Europe, the United States and Japan, but has never before performed in the UK. The event is generously supported by the Great British Sasakawa Foundation in collaboration with Cambridge Early Music and their Chair, Dame Mary Archer.

お問い合わせ
アクセス