Kay Music Academy

〜子供から大人のためのピアノとチェンバロレッスン〜

4カ国からの生徒達

新たな「令和」の時代の幕開けとなりました。
気持ちを新たに、良い時代になることを心より願っています。

現在、恵比寿教室には東京在住の国際色豊かな生徒達がレッスンを受けています。

イギリスフランスイタリア、そして日本の家庭で育っている子供達です。

恵比寿教室の講師5名とも3カ国語(日仏英語)でレッスンに対応可能です。
全員が各国で幼少を過ごしたり留学経験をしています。

こうして恵比寿でも多くの国籍やバックグラウンドを持つ生徒に出会えることに感謝です。

日々、英語、フランス語を使って生徒達とコミュニケーションをさせて頂いています。語学は使うことが上達の秘訣ですので、私も日々勉強です。

外国人の生徒と日本人の生徒がレッスンで会う時は、簡単な挨拶をBonjour, Hello,こんにちは などお話しするだけで、お友達になっていきます。

日本人の生徒にとっても初めて自分で英語を話す機会になったり、外国人のお友達ができたり、相手が日本語を話してくれてびっくりしたり!

生きたコミュニケーションを音楽と共に楽しんで頂きたいと思っています。そんなアットホームな雰囲気です。

生徒達はとてもバラエテイ豊かです。

11才のフランス人学校へ通うMちゃんイタリア人のご両親だけれどパリ在住経験があり、フランス語を忘れないためにもフランス語でレッスンを受けています。ご両親とお会いする時は、片言のイタリア語でBuongiorno!と伝えるだけで、自然に笑顔になります。イタリア語の音がとても明るいからです。

15歳のアメリカンスクールへ行くMちゃん、ご両親はフランス人ですが生まれも育ちもアメリカだったので、完璧なバイリンガルで日本語も可愛らしい発音で話してくれます。

12歳のインターナショナルスクールへ行くMちゃんのお母様はイギリス人、お父様はフランス人なので、英仏のバイリンガルでパリに住んでいました。レッスンは英仏どちらでも大丈夫です。発表会では、15才のMちゃんと一緒にショパンの編曲を連弾してお友達も増えてご家族皆とても喜ばれていました。

10歳のT君は恥ずかしがり屋です。いつもカンガルーのぬいぐるみを持って来て、質問をするとカンガルーと一緒に答えてくれたりします。

以前は中国に住んでいた為、トンプソンの楽譜が何と中国語でびっくり!勿論、音符は世界共通でほっとしました。

兄弟のB君(8才)とM君(11才)はフランス人らしい雰囲気で、お父様がピアノを弾かれるということで初回には沢山の楽譜を持って来て下さいました。発表会では2人とも頑張って人前で演奏して良い思い出になったようです。

10歳の双子の姉妹のJちゃんとCちゃんはフランス人学校へ通っていて、とても仲良く、練習しています。

フランスでピアノを習うとパリ市のコンセルヴァトワールはまず始めに2年間ソルフェージュを勉強するそうです。残念ながら、それが嫌になってピアノのレッスンを始める前に辞めてしまう子もいるそうですが、この姉妹は頑張ってソルフェージュをきちんと受けたので、リズムや譜読みが早く良いペースでレッスンが進んでいます。

お父様は、クレープ屋さん!出張でフランス大使館で300枚を2時間で焼いたり、お手製の塩キャラメルを作っているというので早速注文をしたら、とても美味しく講師全員絶賛でした!

♪ 褒め育て!

また、お子様のサポートの仕方が皆それぞれ違って勉強になります。
例えば、Mちゃんは発表会の2週間前にまだMozartのメヌエットの左手を譜読みしていなくてびっくり仰天!本人はあまり焦っていない様子。。。

そして、翌週はまさかのインフルエンザでお休み・・・・

ハラハラしながら見守っていました。
左手が抜けたままレッスンの最後に演奏したところ、ご両親は「Bravo!!」と勇気付けて、本人も嬉しそう。
発表会当日はとても素敵なレースのドレスに包まれ、「暗譜で弾く」と直前に決めたそう。
一体どうなることかと思っていましたが、本番は最高の演奏でした!
褒め育てるタイプなんですね。そして伸びる。

 きらきら星変奏曲が仕上がった生徒さんにチェンバロ体験!モーツァルトも幼少期はチェンバロを弾いていました。

 

私自身、アメリカのボストン留学中の恩師はそうでした。
誰とも比べずに音楽だけを見て、分析やフレーズ、和声などを事細かに教えてくれました。
今まで見ていた楽譜がまるで3Dの様に立体的に見えてくるのでした。20年近く見てきた楽譜が全然違って見える!それは驚きでした。
大雪で埋もれた日も何のその、深夜まで先生の20台も楽器のあるスタジオに入り浸って練習をしていました。

講師一同も、生徒やご両親の見守り方から多くの事を学び、また更にレッスン内容の向上に努めております。

一人一人に合った充実したレッスンを提供できるよう、講師ミーテイングを定期的に行い、様々な指導法や楽譜、教本の情報交換をすることで、より質の高いレッスンを目指しております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

京都の新緑

新学期が始まり、毎週月ー水曜日は京都の同志社女子大学と京都市立芸術大学(前期のみ)へ通っています。
約20名のピアノ科の生徒に副科チェンバロをのレッスンさせて頂いています。

ピアニストを目指している若い学生に、私自身ピアノ科の時には知らなかった様式やチェンバロのアーテイキュレーション、鍵盤音楽の発展などを親しみやすくお伝えさせて頂ければと工夫をしています。

いつの間にか、毎回富士山を見るのが趣味になりつつあります・・・雄大で素晴らしいですね。

昨年の前期は朝起きて新幹線ーレッスンを1日中して日帰りで夜中に戻ってきていましたが、京都駅構内から出たことがなく、トンボ帰りでした。
後期は前泊をしないと授業始業に間に合わない為、紅葉の季節など京都を散策しました。

同志社女子大のカフェテリア。まるでホテルのようにパノラマのガラスから豊かな自然が見えます。

京都の祇園にある高台寺は、紅葉の季節も大変素晴らしかったですが桜が散った今でも新緑の美しい季節です。

祇園の建仁寺は牡丹の花が満開でした。

京都は、1年いつでも美しいのですね!

 

 

お花見3:高井戸

毎年、井の頭線の高井戸駅から桜がピンクのカーペットのように見えます。
一度行ってみたいと思い、散る間際に最後のお花見へ行ってきました。

夕日に照らされて、とても綺麗でした。

お花見2:井の頭公園

毎年、お花見&紅葉の季節は井の頭公園へ行きます。
江戸時代に歌川広重も描いている芸の神様である弁天神が今も祭られています。
今でも、湧水が出ていてとても美味しいです。

吉祥寺近辺でお時間のある時に、お勧めのお散歩コースです。

 

お花見1:目黒川

皆様こんにちは。
今年の桜は長く咲きましたが、お花見を楽しまれましたか?

恵比寿レッスンの前に満開の目黒川へ行ってきました。

淡いピンクが日本らしいですね。

7/7(日)チェンバロ発表会

7月7日(日)午後(詳細が決まり次第更新致します)
チェンバロ発表会(曽根麻矢子&植山けい門下生)

日頃の成果を皆様の前で演奏させて頂きます。
どうぞ、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

入場無料
場所:松本記念音楽迎賓館
東急田園都市線「二子玉川駅」&小田急線「成城学園前駅」よりバス。
アクセス:http://ongakugeihinkan.jp/access/bus_train.html

5/19(日)チェンバロコンサート ~Plaisir de clavecin~クラヴサンの喜び

5/19(日)2:30開場 3:00開演

チェンバロコンサート ~Plaisir de clavecin~クラヴサンの喜び

曽根麻矢子先生と植山門下生から4名(赤木、佐藤、山本、吉岡)さんによる合同の演奏会です。

今回初めての試みですが、出演する生徒を中心に企画してコンサートを開催させて頂きます。

ちらし・詳細
http://bit.ly/2L2dSL8

佐藤さん、山本さんは共に会社務めをされていらっしゃいますが、音楽をライフワークに大変熱心にチェンバロに取り組んでいます。

★山本明日美さん

アムステルダム音楽院の夏期講習に2年続けて参加しメノ・ファン・デルフト氏やミクロス・スパーニ氏のレッスンを受けユトレヒト音楽祭でも室内楽を演奏されました。また、3月にはクリストフ・ルセのイタリア・フィレンツエの講習会にも参加しました。

2018年大阪国際コンクール 「アーリーミュージック部門」でエスポワール賞を受賞され、チェンバロプレジャーでも準グランプリを受賞されています。

★佐藤大介さん

幼少の頃よりピアノを習い多くのコンクールを受けていらっしゃいました。1年前よりチェンバロを始められ、2018年、見事チェンバロプレジャーのグランプリを受賞され、精力的に色々なレパートリーに取り組まれています。

どうぞ、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

場所:松本記念音楽迎賓館
東急田園都市線「二子玉川駅」&小田急線「成城学園前駅」よりバス。

アクセス:http://ongakugeihinkan.jp/access/bus_train.html

染矢先生と伊藤先生のご紹介

皆様、桜が咲き新学期が始まります!

2月のピアノ発表会では、日本人&フランス人の生徒36名がご参加下さいました。
同年代のお友達の演奏から大人の方の素敵な演奏など、皆様興味深く聞かれていました。

4月より気持ちを新たにレッスンを開始させて頂きたいと思います。
皆様が楽しく、そして自分を高めていける教室にしていけるよう、心がけて参りまります。

さて、2019年4月より恵比寿教室に新たに染矢早裕子(そめや さゆこ)先生と伊藤修子(いとう しゅうこ)先生をお迎えすることになりました。お2人とも日英仏語が堪能な国際的なピアニストで、素晴らしい先生です。

染矢先生は、幼少時代ー11才までアメリカ、ニューヨーク育ちでその後パリ留学をなさいました。
大学時代にスイスの講習会でお会いして以来のご縁です。

伊藤先生は昨年スイス・ジュネーブ音楽院を卒業なさり、ご帰国なさったばかりです。
以前に開催されたチェンバロ・フェステイバルの際にお目にかかって以来のご縁です。

ピアニストであるだけでなく、チェンバロ、フォルテピアノの古楽器を習ったご経験もあり、バロック、クラシック、ロマン派のレパートリーの楽器や時代背景にも詳しくていらっしゃいます。

各講師のプロフィールは⇒こちらよりご覧下さい。

 

どうぞ今後ともKay Music Academyを宜しくお願い申し上げます。

3月フランス・アメリカ コンサート

3月に久しぶりにフランス・アメリカにて5公演行います。

①3月1日(金)フランス・ナント

【2台チェンバロ】 チェンバロ:ジョスリーヌ・キュイエ&植山けい プログラム:J.S.バッハ:音楽の捧げもの、ルルー:組曲、フランソワ・クープラン第8オルドルよりアルマンド他。
Récital à deux clavecins
Date: 1 mars 2019 – 20:30 Lieu: Temple Protestant Addresse: Place Edouard Normand Ville: Nantes (44) Réservations: 02 52 10 16 21 – Billetterie sur place Jocelyne CUILLER & Kay UEYAMA, clavecins

②3月5日(火)フランス・ポワッシー

室内楽コンサート (チェンバロ、オルガン、カルテット、歌) プログラム:スカルラッティ:ソナタ、フランソワ・クープラン:王宮のコンセール第1番ほか 場所:ノートルダム コレジアル教会、ポワッシー a 20h30 le 5 Mars,2019 a La collégiale Notre-Dame de Poissy L’orgue, le clavecin, la quatuor

③アメリカ・ボストン 3月15日(金)20:30 ●バッハプログラム

ケンブリッジ、ハーバード大学近く
J.S.バッハコンサート:ヴァイオリンソナタ第4番、5番、6番、カンタータBWV 詳細:http://masspeaceaction.org/event/music-for-peace-all-bach-program/

Sonatas and Arias of Bach March 15 @ 7:30 pm – 10:00 pm

Harvard-Epworth Methodist Church 1555 Massachusetts Ave. Cambridge, MA United States Music for Peace:  
  • Baroque violin: Dana Maiben, Harpsichord: Kay Ueyama, Soprano: Junko Watanabe
  • All Bach program:
  • Music by Johann Sebastian Bach (1685-1750)
  • Violin Sonata No.4 c minor BWV1017
  • Cantata BWV 76 “Hört, ihr Völker”
  • Cantata BWV 58 “Ich bin vergnügt in meinem Leiden”
  • Violin Sonata No.5 BWV1018 f minor
  • Partita for harpsichord: No.1 BWV 825 B flat major
  • Cantata BWV204 “Die Schätzbarkeit der weiten Erden”
  • Violin Sonata No.6 G Major BWV1019

④3月16日(金)ケンダル バッハプログラム

at 17:00, Friday 16th March, in Kendal ●Bach program

⑤3月17日(土)ウッドストック、ニューハンプシャー州 バッハプログラム

at 14:00, Saturday 17th March in Wood stock church ●Bach program

2019 ピアノ発表会終了!

2019年2月3日(日)Kay Music AcademyとAFJ Atelier de piano (在日フランス人のためのピアノレッスン)の合同ピアノ発表会が無事に終りました。
講師5名を含む28名の演奏が約3時間に渡って行われました。

  親子3人の6手連弾とは楽しいですね!6 hands with a mother and her children.What a fun!

今回は、初めて渋谷のAtelier by APCのSalle Debussy ドビュッシーホールで開催致しましたが、とてもアットホームなフランス的な雰囲気の中で行われました。

 1年前に初めてピアノを習ったフランス人の生徒も、晴れ舞台となり日仏のお友達が沢山聞きに来て下さいました。

日本人とフランス人の生徒を混ぜての順番で、同年代の国際交流にもなればと思いました。
日本人の生徒は、HelloやBonjour(ボンジュール)とフランス人の生徒に挨拶し、フランス人は”こんにちは”を日本語で挨拶をして隣り合わせで座ったり、リハーサル、本番を行いました。

 懇親会

また、1部と2部の合間にはサンドイッチ、軽食と共に懇親会を行いました。
皆様リラックスして音楽と共にお楽しみ頂けたようです。

 

今年一年の成果が存分に出た素敵な発表会になりました。

少しお休みをして、また新曲に取り組みましょう。春ももうすぐですね!

お問い合わせ
アクセス