Kay Music Academy

〜子供から大人のためのピアノとチェンバロレッスン〜

3月フランス・アメリカ コンサート

3月に久しぶりにフランス・アメリカにて5公演行います。

①3月1日(金)フランス・ナント

【2台チェンバロ】 チェンバロ:ジョスリーヌ・キュイエ&植山けい プログラム:J.S.バッハ:音楽の捧げもの、ルルー:組曲、フランソワ・クープラン第8オルドルよりアルマンド他。
Récital à deux clavecins
Date: 1 mars 2019 – 20:30 Lieu: Temple Protestant Addresse: Place Edouard Normand Ville: Nantes (44) Réservations: 02 52 10 16 21 – Billetterie sur place Jocelyne CUILLER & Kay UEYAMA, clavecins

②3月5日(火)フランス・ポワッシー

室内楽コンサート (チェンバロ、オルガン、カルテット、歌) プログラム:スカルラッティ:ソナタ、フランソワ・クープラン:王宮のコンセール第1番ほか 場所:ノートルダム コレジアル教会、ポワッシー a 20h30 le 5 Mars,2019 a La collégiale Notre-Dame de Poissy L’orgue, le clavecin, la quatuor

③アメリカ・ボストン 3月15日(金)20:30 ●バッハプログラム

ケンブリッジ、ハーバード大学近く
J.S.バッハコンサート:ヴァイオリンソナタ第4番、5番、6番、カンタータBWV 詳細:http://masspeaceaction.org/event/music-for-peace-all-bach-program/

Sonatas and Arias of Bach March 15 @ 7:30 pm – 10:00 pm

Harvard-Epworth Methodist Church 1555 Massachusetts Ave. Cambridge, MA United States Music for Peace:  
  • Baroque violin: Dana Maiben, Harpsichord: Kay Ueyama, Soprano: Junko Watanabe
  • All Bach program:
  • Music by Johann Sebastian Bach (1685-1750)
  • Violin Sonata No.4 c minor BWV1017
  • Cantata BWV 76 “Hört, ihr Völker”
  • Cantata BWV 58 “Ich bin vergnügt in meinem Leiden”
  • Violin Sonata No.5 BWV1018 f minor
  • Partita for harpsichord: No.1 BWV 825 B flat major
  • Cantata BWV204 “Die Schätzbarkeit der weiten Erden”
  • Violin Sonata No.6 G Major BWV1019

④3月16日(金)ケンダル バッハプログラム

at 17:00, Friday 16th March, in Kendal ●Bach program

⑤3月17日(土)ウッドストック、ニューハンプシャー州 バッハプログラム

at 14:00, Saturday 17th March in Wood stock church ●Bach program

2019 ピアノ発表会終了!

2019年2月3日(日)Kay Music AcademyとAFJ Atelier de piano (在日フランス人のためのピアノレッスン)の合同ピアノ発表会が無事に終りました。
講師5名を含む28名の演奏が約3時間に渡って行われました。

  親子3人の6手連弾とは楽しいですね!6 hands with a mother and her children.What a fun!

今回は、初めて渋谷のAtelier by APCのSalle Debussy ドビュッシーホールで開催致しましたが、とてもアットホームなフランス的な雰囲気の中で行われました。

 1年前に初めてピアノを習ったフランス人の生徒も、晴れ舞台となり日仏のお友達が沢山聞きに来て下さいました。

日本人とフランス人の生徒を混ぜての順番で、同年代の国際交流にもなればと思いました。
日本人の生徒は、HelloやBonjour(ボンジュール)とフランス人の生徒に挨拶し、フランス人は”こんにちは”を日本語で挨拶をして隣り合わせで座ったり、リハーサル、本番を行いました。

 懇親会

また、1部と2部の合間にはサンドイッチ、軽食と共に懇親会を行いました。
皆様リラックスして音楽と共にお楽しみ頂けたようです。

 

今年一年の成果が存分に出た素敵な発表会になりました。

少しお休みをして、また新曲に取り組みましょう。春ももうすぐですね!

Le concert annuel

 

La seconde édition du concert annuel de piano s’est tenue ce dimanche 3 Février à Shibuya et a été un succès.
Le concert a rassemblé 9 élèves Français et 25 élèves Japonais dans une ambiance accueillante et familiale, tel un concert de salon qui aurait pu se dérouler en France. Tous ensemble, les participants ont partagé un moment de convivialité et de partage. Les 5 professeurs étaient également présents et ont pu jouer des pièces préalablement introduites en français et en japonais pour satisfaire l’ensemble des spectateurs.
Ce jour était particulier puisque les Japonais y célébraient le Setsubun, cette tradition qui consiste à lancer des graines de haricots grillés par les fenêtres en criant “oni wa soto fuku wa uchi”, ce qui signifie “dehors les démons et dedans le bonheur”.
Un public nombreux est venu assister au concert et a pu apprécier de nombreux morceaux, aussi beaux que variés. Les élèves ont pu démontrer leurs progrès de ces derniers mois, faisant la fierté de leurs proches et de leurs professeurs.

Ainsi, l’un des élèves adultes ayant débuté l’apprentissage du piano il y a un an a pu délivrer son ressenti: “Nous avons passé un très bon moment, et nos amis Japonais et Français ont aussi adoré! Merci encore pour l’aide des professeurs et pour nos leçons ensemble. Pouvoir jouer un concert, même avec des morceaux simples, au bout d’un an seulement est extraordinaire !”. Nous vous donnons rendez-vous l’année prochaine pour un nouveau concert de piano!

2月3日(日)ピアノ発表会・Concert de piano le 3 Fevrier

昨年5月にピアノ発表会を行い、あっという間に2019年のピアノ発表会がやってきます!

ピアノ発表会 2019年2月3日(日)節分の日です!

今年は、渋谷のラトリエby APCというフランス人の弦楽器製作家の方が運営している素敵なサロンで行います。

アットホームな雰囲気の中で音楽をお楽しみください。入場無料で自由に出入りできます。

どうぞご家族、お友達と一緒に聞きにお越し下さい。

  

そして、嬉しいことに秋からレッスンへ通い始めているフランス人の11名(5才~大人)までご参加頂きます。

プログラは日本人とフランス人をミックスして、同年代のお友達が増えればと願っております。

ピアノ発表会・Concert de Piano

10:45-11:45  1部(大人)ショパン、ベートーベン、バッハなど

11:45-12:10  軽食:懇親会

12:30-13:50 2部(5才―小6)トンプソン、デイズニ―、フォーレ、モーツァルト、連弾など

14:00-15:20 3部 (5才―中3)ソナチネ、ギロック、ショパン、リスト、連弾など

●ラトリエAPCへの行き方 

http://www.latelierbyapc.com/access.html

〒150-0011  東京都渋谷区東1-26-30 渋谷イーストビル 1F / 5F
*渋谷駅 16b 出口 (Shibuya Stream)から徒歩約6分

L’adresse/ L’atelier by APC
Shibuya East building rez-de-chaussée(la salle) et la 5ème étage ( la salle de répétition)

1-26-30 Shibuyaku higashi, 150-0011

①ヒカリエから明治通り
Hikarie (en face de la station de Shibuya)

②歩道橋を登る
Montez l’éscalier

③歩道橋を渡る
Traversez le pont

④左側に降りて明治通りを2つ目の信号まで5分直進
Descendez a gauche MEIJI dori et marchez jusqu’au 2ème carrefour

⑤ハンコ屋さん=並木橋の交差点
Il y a un paneau rouge au carrefour
de NAMIKIBASHI (並木橋)

⑥隣のヴァイオリンの看板
La salle est à côté! Vous voyez
le paneau de violon (LUTHIER)

⑦入口
L’entrée de la salle

⑧ホール
La salle Debussy au rez-de-chaussée
pour le concert

⑨リハーサル室サルラベル 5階
La salle Ravel au 5ème étage  pour la répétition

着替え 控室 中二階

お着替えは、ホールより階段で上がった中二階の控室で可能です。

小さなお子様は中二階のバルコニーからもご覧頂けます。

   

べビーカーなど大きなお荷物は中二階に置いて頂けます。

ベビーカーの方は正面玄関から入ると中二階へは階段しかない為、外からお入りの際、並木橋の交差点角のハンコ屋を左折した細い通りからお越し頂き、右のドアが中二階へ直通です。

  

 

 

謹賀新年2019 

新年明けましておめでとうございます。

昨年はお蔭様でバッハ:パルティータCDの発売、コンサート、講座が無事に終り、お越し頂きました多くの方々に感謝申し上げます。

今年も楽しい音楽に満ち溢れた年にして行きたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

佐藤大介さん チェンバロプレジャーグランプリ受賞!

皆様こんにちは。芸術の秋ですね。

朗報が続いております。 1年前よりチェンバロレッスンにお越し頂いている佐藤大介さんが、見事チェンバロプレジャーにてグランプリを受賞致しました。 おめでとうございます!

チェンバロプレジャーは神保町三井ビルディングで毎年行われているアマチュア向けのコンクールです。 http://www.jinbochomitsui.com/event/ 佐藤様は、幼少の頃より本格的にピアノを学びコンクールも受けられたそうですが、その後、慶応大学を卒業なさり現在はIT系のお仕事をされています。

891C4B83-0D3C-499E-B85C-6A93AF8DA9D1

今年5月のピアノ発表会では、親子連弾で坂本龍一の素敵な曲を演奏して下さいました。

チェンバロを熱心に通われ、お仕事でお忙しい中週末に練習なさり、見事グランプリに輝かれました。 もともと素晴らしい音楽性をお持ちで、5月にイタリア・ローマから来日されたオルハン・メメッド氏にもチェンバロレッスンを受け、本格的にチェンバロを習得したいならば、ピアノはしばらく弾かずに専念すべきとアドバイスを頂きました。 その後、益々真剣に取り組まれていらっしゃいます。

桐朋学園大学付属子供の為の音楽教室、仙川本校へ通うご長男の佐藤春空君(はるあき)君(小4)もご一緒にインベンションのチェンバロレッスンへご家族でお見えになりました。

春空君は、ピアノとヴァイオリン、オーケストラ、聴音、ソルフェージュを桐朋で学んでいて、今後がとても楽しみです。 今回は、春空君も見事にチェンバロプレジャー子供部門で特別賞を頂いたそうで、親子でのダブル受賞となりました。

本当におめでとうございます。 今後の、親子でのご活躍を楽しみにしています。

ピアノ講師向けチェンバロレッスン

0BFDDCA2-0D1D-432E-B67D-3D8F10C50155

2018年4月より毎週京都の同志社女子大学にてチェンバロ副科レッスン並びに、講義を3つ担当させて頂いています。
ピアノ科生徒向けに、クラヴィコード、チェンバロの歴史を辿り、実際にバッハの作品などを授業で演奏して貰い公開レッスン形式で進めています。

皆様からよく聞かれる疑問点

《ピアノとチェンバロの違いとは?》

●ペダル⇒ペダルなしでどの様に和声感を表現するの?
●音量⇒cresc. dim. Forte pianoはチェンバロでどの様に表現するの?

バッハをピアノで演奏する際に、チェンバロを真似して1音1音スタッカートで弾く演奏が見受けられます。
しかし、果たしてピアノで演奏する際に最も美しい演奏法なのでしょうか?

チェンバロでは、強弱が同じ鍵盤では変化できないため、重要な音の前にアーテイキュレーションを入れることによって、強調します。しかし、ピアノで演奏する時には、ピアノが最も美しく響く表現方法が適しているのではないでしょうか。

私自身、以前にピアノ発表会でイタリア協奏曲を講師演奏で演奏させて頂きました。その際チェンバロで弾く時と、ピアノで弾く時は自然に楽器が異なる為、奏法も異なります。

また、チェンバロを演奏する為にはきちんと楽譜を分析して、演奏前にアーテイキュレーションなどを決めます。その為、より表現が明確になり同じ曲をピアノで演奏する際にも和声感や分析力が身に付きます。

私がピアニストだった頃は、どうしてもメロデイーの旋律ばかり追う《耳》でした。譜読みの時も右手ばかり目に入ってきます。しかし、チェンバロを勉強し始めてからはバス(低音)から和声を一瞬で読んでいく目と耳に変化しました。これにより、譜読みも早くなりますし、演奏に和声の色が自然に反映されるようになりました。

C8908A3B-9A54-43ED-A45D-7462906495DE6月1日(パルテイータの演奏会では、チェンバロを演奏し、アンコールでは、サプライズでゴルトベルク変奏曲をベーゼンドルファーで演奏させて頂きました)

●3拍子の時は、どの様に強拍を強く、そして3拍目を弱く表現するのでしょうか?

その様な、チェンバロのテクニックをレッスンでお伝えします。

チェンバロの奏法や間の取り方を身に付けると、ピアノの表現方法もより幅が広くなります。
これは、この5年間ピアノの生徒のバッハをレッスンしている時に、15分ほどチェンバロで弾いて貰い、最後にピアノで戻って演奏して貰うと圧倒的に上手になることから実感しています。

チェンバロを少しでも弾いてみると不思議なことに音色が透き通り、より繊細な表現が身に付きます。
指先の2-3ミリの感覚と音の発音や響きをより聞く「耳」も敏感になるのです。

ピアノの先生やピアニストの方、バロック音楽を再度勉強し直してみたい方もレッスンさせて頂いております。

ご興味のある方はお気軽にお問合せ、また体験レッスンよりお申込み下さい。

市川高嶺先生のご紹介

fb_l_rep_br

昨年度より在日フランス人協会の依頼により東京在住のフランス人向けにピアノレッスン水・土曜日に恵比寿教室で行っております。現在、生徒の増加に伴い新しく市川高嶺(いちかわ たかね)先生を11月よりお迎えすることになりました。
市川先生は、私と小学生時代から桐朋学園大学子供の為の音楽教室―桐朋音楽大学ピアノ科卒業と、パリ留学中にもご一緒でした。とても素晴らしい講師&ピアニストであり、国際コンクールの審査員などもなさっていらっしゃいます。また、明るく前向きな性格で趣味のスキー&登山では三浦雄一郎さんの仲間と一緒に富士山へ登って滑って降りてくる(!!)偉業も成し遂げてしまいます。先週は標高2,000mの山小屋でコンサートをなさいました。
Kay Music Academyでは、様々なプロの音楽家からレッスンを受けて一流の音楽教育を皆様に体験して頂きたいと願っております。
来年2月3日(日)に開催予定のピアノ発表会(渋谷:ラトリエAPC)は、フランス人の生徒も参加予定で国際的な雰囲気をお楽しみ頂けると思います。生徒の皆様の交流会にもなれば大変嬉しく思います。
どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。

pbun1pro

takane photo小

市川 高嶺(いちかわ たかね/ピアノ)

恵比寿教室:土曜日担当(日仏語レッスン)

3歳よりピアノを始める。桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学、同研究科を修了後、パリ・エコール・ノルマ音楽院へ留学。ピアノ、室内楽において高等演奏家ディプロムを取得、同時にスイスのベルン高等音楽院で1年間研鑽を積む。UFAM国際音楽コンクール室内楽部門第1位、第5回全日本彩明ムジカコンコルソ最高位、東京国際芸術協会新人演奏会オーディション合格。フランスの音楽祭、シャトーなどでのコンサートに出演。帰国後大阪・東京でリサイタルを開催。ザルツブルガー・ゾリステン、ワルシャワ・フィル・コンサートマスターズと共演、ポーランド・シレジアフィルハーモニー管弦楽団とシューマンのピアノ協奏曲を共演、好評を博す。2018年、東京文化会館にてリサイタルを開催。これまでに、アラン・ムニエ(Vc)、フランソワ・ソゾー(Cl)、ミルトン・マシャドリ(Cb)、二宮和子(Cl)、林峰男(Vc)などの各氏と共演。2012年ヴォイオリニスト山崎えりかとのDuo(デュオ) la(ラ)Butte(ビュット)を結成し東京、名古屋にてデビューコンサートを行う。2016年には、ヴァイオリニスト宮澤さやかとネパール・カトマンズにてコンサートを行い、近年は趣味の登山から山小屋などでのコンサートにも積極的に取り組む。ピアノを鍵岡眞知子、有賀和子、アンドレ・ゴログなどの各氏に師事。現在、ショパン国際ピアノコンクールin ASIAなどの審査員を務め、伴奏・室内楽で活躍する傍ら、後進の指導にも力を注ぐ。公益財団法人日本ピアノ教育連盟会員。

岩屋 佳那ちゃん ブルグミューラーコンクール努力賞!

朗報が続いています。
恵比寿教室で山田先生とお勉強している岩屋佳那ちゃんが、見事ブルグミューラーコンクールで努力賞を受賞しました。

とても頑張り屋さんで真面目にレッスンを続けている佳那ちゃん、お母様とご一緒に良い目標としてこの数か月頑張ってきました。

初めてのコンクールで見事に成果が出て本当に良かったと思います。
これからも、色々な曲を弾いてさらにピアノを楽しんで頂きたいと思います。

おめでとうございます!

C17D00B5-55E3-402C-A86B-5508AEFD5E65

山本明日美さん 大阪国際コンクールエスポワール賞

10/8(月)に行われた大阪国際コンクール:アーリーミュージック部門で、見事にチェンバロを勉強なさっている山本明日美さんがエスポワール賞に輝きました。

おめでとうございます!

チェンバロレッスンにいらして数年が経っていますが、山本さんは普段は会社勤務をなさっている中、レッスンを続々けられています。 昨年に引き続き今年の夏には私が留学したアムステルダム音楽院の夏期講習にご参加なさり、意欲的にチェンバロに取り組まれています。 この夏はユトレフト古楽祭でもアンサンブルの一員として演奏されました。

433F710A-411B-4DB8-B586-AFBB6DDFCBC2
大阪国際コンクールの課題曲は自由曲で、 山本さんご自身が初めてダングルベール「アルミッドのパッサカリア」に取り組みたいということで春から始めました。 私自身、山梨の古楽コンクールで課題曲になった曲で、弾いても弾いても分からない。。。と最後まで練習していた思い出の曲です。

大変美しいフランスバロック音楽ならではの魅力の曲ですが、装飾音が沢山多く演奏するのは熟練の技が必要です。 これまでの努力が1つの形として認められる、本当に良かったと思います。 これを励みに更に色々な曲に取り組んでいって頂きたいと思います。

お問い合わせ
アクセス