Kay Music Academy

〜子供から大人のためのピアノとチェンバロレッスン〜

子供向け【動画】チェンバロのおはなし

皆様こんにちは。

大学の講義に使用している資料を幼稚園生から分かりやすく理解できる資料にさせて頂きました。

ピアノでもメヌエットやガヴォットなど、バロック時代の曲を沢山演奏します。
その時代は、まだピアノの前のチェンバロで演奏されていました。

どんな楽器なの?
音色は?
バッハやモーツァルトも弾いていた楽器を聞いてみましょう。

お母様とご一緒に楽しんで頂ける内容になっています。使用している音源は全て植山の演奏です。
どうぞお楽しみください。

【動画】さくら・バッハ:アリア

皆様こんにちは。

梅雨が続いており、楽器にとっては1年で一番管理の難しい時期ですね。

 

さて、東京都の【アートにエールを】という芸術支援プロジェクトで、チェンバロの動画演奏が公開されました。

今回は、2年前にロンドン&ケンブリッジ大学で演奏させて頂いた「さくら」バッハ:ゴルトベルク変奏曲よりアリアをチェンバロで演奏させて頂いています。
曲やチェンバロの説明もさせて頂いております。

どうぞお楽しみください。

Here is a video link of Tokyo art project.

I’m playing a Japanese piece “Sakura” and the aria from the Goldberg variations. Please enjoy!

 

【動画】スカルラッティ ソナタ

皆様こんにちは。
イタリア、ナポリ出身のドメニコ・スカルラッティ(1685-1757)はバッハ、ヘンデルと同年生まれ。555曲のソナタを残し、この曲は手の交差や跳躍、フラメンコ💃を思わせる和音が魅力です。
快活な曲、しっとり美しい曲など様々です。

 

是非、鍵盤を弾いている方は数曲お好きな曲を弾いてみて下さいね。

Essercizi per gravicembalo(consists 30 sonatas) by Domenico Scarlatti was published in 1739 in London.

ドメニコ・スカルラッテイ 「チェンバロのための練習曲」(ソナタ30曲)は1739年にロンドンで出版されました。読みやすいのでそのまま弾けます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

Domenico Scarlatti(1685-1757):Sonata K.56 c-moll.  ソナタ.56ハ短調

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

Domenico Scarlatti(1685-1757):Sonata K.213 d-moll.

This is one of my favorite&calm piece.
ドメニコ・スカルラッテイ ソナタニ短調 心が安らかになる素敵な曲です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

Domenico Scarlatti(1685-1757):Sonata K.492 D-dur.

It’s a very fun piece with flamenco rythm and scales.
ドメニコ・スカルラッテイ ソナタニ長調 陽気でフラメンコのリズミックや速い音階が駆け抜けます!オーレッ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

 

Domenico Scarlatti(1685-1757):Sonata K.17 h-moll.This piece is mainly written with cross hands.It’s written “Allegro”,but I find these beautiful harmonies are also melancholic.

ドメニコ・スカルラッテイ ソナタ17番ロ短調 左手の交差で美しいメロデイを奏で、右手は和音の色を醸し出すステキな曲です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

【動画】小節線のないプレリュード

皆様こんにちは。

17世紀フランスのクラヴサン曲の特徴として、「小節線のないプレリュード」というスタイルがあります。
これは、リュートなど弦楽器の様式をそのままクラブサンへ踏襲した形です。

その為、和音は一緒に演奏するのではなく、ド~ミ~ソ~とずらして弾きます。
また、弦楽器の響きに近いチェンバロ(伊語)は音の減衰が速いこともあり、ずらして弾いた方が音が次々へと生み出され音が持続すること、またその方がエレガントに聞こえます。

フランス語やフランス音楽においてはclavecin クラヴサンと表記することが多いです。英語ではハープシコードです。

この小節線のないプレリュードの中でも多くの名曲を残した作曲科にダングルベール(1629-1691)ルイ・クープラン(1626-1661)がいます。18世紀以降の小節やテンポの決まった曲とは異なる自由さが素敵です。

ダングルベール:クラブサン曲集 1689年初版譜

ダングルベールの装飾表は、丁寧に書かれています。

クラヴサン曲の中でも華やかな装飾が魅力なのですが、滑らかに弾けるようになるまでは一苦労!

バッハも写譜をして、彼の装飾表にも同じ記号が用いられフランス音楽からの影響が伺えます。

動画は楽譜2枚目から最後までの演奏です。ご覧頂くと面白いと思います。

ト短調のプレリュートの楽譜(2枚)です。まるで宇宙に♪が浮かんでいるようですね。

演奏者により間の取り方は自由です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

Louis Couperin(1626-1661):Prélude à l’imitation de Mr.Froberger. Please enjoy with a glass of wine( in the painting!)

This prélude is written in 17th centry improvising free style.

ルイ・クープラン: フローベルガー氏の模倣よる前奏曲

 ルイクープランの自筆譜はなく、パリ国立図書館に残されているボアンの手稿譜

この曲の冒頭。ルイ・クープランのプレリュードは全て全音符で書かれています。その為、奏者が和音の音、メロディ、装飾など分析をして大事な音は長めに弾くなど即興的に弾きます。

チェンバロに描かれているワインの絵とご一緒にお楽しみ下さい。
この曲は小節線がなく即興的なスタイルで書かれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

 

【動画】ラモー:1つ目巨人

皆様こんにちは。

18世紀フランスの作曲家ラモーはメヌエットやタンブーランなど、ピアノで勉強する【プレ・インベンション】などでも取り上げられています。

ラモー:「1つ目巨人」という面白い題名の曲をご紹介致します。

冒頭から勢いよく始まり、手の交差が随所に散りばめられています。

手の動きを上から見たら面白いかな?と思い撮ってみました。

 

冒頭部分のテーマから

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

中間部の交差の部分です。冒頭と同じテーマから違うメロディへと発展します。

東京オペラシテイ近江楽堂にて2018年9月。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kay Ueyama(@ueyamakay)がシェアした投稿

6月1日より教室レッスン再開

快晴が続いています。

本日、東京都の緊急事態宣言が解除されました
世界中で3月から始まった異例の自粛期間が終わり、ほっとしている方々も多いかと思います。

6月から恵比寿、久我山教室のピアノ・チェンバロレッスンを再開予定です。

この間に、ピアノ3台、チェンバロ1台全ての楽器の調律と調整を行いました。また、教室では空気清浄機を使用し、レッスンの合間に換気、消毒を行い、前後の生徒と接触を防ぐように時間の感覚を開けて行う予定です。安心して皆様にお越し頂けるように準備を整えて参りたいと思います。

 パリ郊外に2000種類のバラが咲き乱れる素敵な公園は今頃満開でしょう。

音楽は人生のどんな時でもそばに居てくれる最愛の友達です。

また、皆様の笑顔にお目に掛かれますこと、楽しみにしています。

チェンバロメンテナンス

皆様こんにちは。

欧米では外出禁止令が5月まで続いており、日本全国でも緊急事態宣言が出されました。

一日も早く全世界が安心して生活できる状態になることを心より願っています。

 

さて、こんな時だからこそ、思い切ってできること!
そう、楽器のメンテナンスです。

これは、レッスン&コンサートがお休みの時しかできません。

恵比寿、ピアノ教室のピアノは両方とも3月に調律をして頂きました。

調律師の方より、冷暖房を使用する期間は狂うので使用していない期間に調律をした方が良いということで、春先にして頂きました。

  グランドピアノの内部(ピアノはハンマーで弦を叩きます。モーツァルト時代は色々な種類のウサギの毛を使ったり、鹿の皮など色々な材質により音色が異なります。現在はフェルトを使用しています)

また、現在久我山のチェンバロをメンテナンス中です。

  2段チェンバロの鍵盤の内部(チェンバロは、弦を爪の様なプラクトリウムという1-2ミリの部分で弾いて音を出します。お箏やハープに近い音色です。昔は鳥の羽を削って使用していました。現在はプラスチックで代用したり、昔ながらに鳥の羽を使用します)

かれこれ、パリからこのチェンバロと共に本帰国をしてから9年が経ちました。

楽器も日々使用するだけでなく、きちんと労わってあげないといけませんね。

ということで、鍵盤を全て出して1つ1つのキーや弦を弾くジャックをメンテナンスしています。

途方もなく時間がかかる作業ですが、良い音になることを願って!

チェンバロのタッチは、数ミリの差で音色が変わります。

弦を弾くのに必要な打鍵は上から3ミリ位でしょうか。ピアノよりも鍵盤が浅く、軽いため、指先の繊細な感覚が大変重要となります。

そして、そのタッチの伝達をより良くする為にメンテナンスを行ています。

どんな音に生まれ変わるのか楽しみです!

  湯布院名物のJazz羊羹。チェンバロの鍵盤は白黒が反対ですね。

目標❕

皆様こんにちは。

今月の様に通常のレッスンと形態や日程が変わると、いつものリズムが崩れてしまいがちです。

レッスン回数が減ると、モチベーションも同様に減少してしまいます。その為に、お勧めの方法を3つご紹介いたします。

①練習ノートを書く

♪ 日頃、どの様に練習しているのかを自分で見つめるのに良い機会だと思います。これは、お子様だけでなく大人の方にもお勧めです。

そして、ノートの始めに目標を書くことも練習するモチベーションが上がりますね。次の発表会で弾きたい曲などを書いても良いでしょう。

お子様の場合は、練習時間と何の曲をどの様に練習したかだけでなく、ご自由に感想や難しい箇所、絵やシールを貼って、楽しいノートにしても良いですね。

多く書ければベストですが、あまり窮屈になってもいけないので練習した後に忘れないうちに書くのも良いでしょう。お母さまとこんなことをやった、あんなことをやった、これが弾けるようになったとお話ししながら書くのも良いでしょう。

練習ノートを続けた生徒は、3カ月、半年、1年後には確実に意識が変わって、自己分析ができるようになってきます。これは、ピアノだけでなく勉強や生活を自分で管理する能力として他にも生かせると思います。練習を能率よくすることは、限られた時間をオーガナイズすることがポイントで、不思議とお子様もだらだらとした練習でなく、ポイントを効率よく練習することの意味を理解し始めます。

 恵比寿教室の三好先生が、可愛らしい練習表を作って下さいました。1日1曲弾いたら、スタンプ、シール、●で印をつけましょう!

5月のレッスンの時に見せて頂けると、1か月ご自宅でどの様に練習をされていたのかが分かります。

②目標を立てる

その対策として、1か月後の5月に向けて目標を立てるとメリハリができて良いと思います。

これは、どんな目標でも良いと思います。

♪ 今練習している曲を両手で最後まで弾けるようにする!

 暗譜する!

♪ 憧れの曲の譜読みを始める!などなど。

自分にとって、ちょっと先の頑張ったらできそうな目標を立てることが大事です。

お子様の場合は、お母様とお話をして目標を一緒に立てて、ノートか紙に書いてピアノの横に貼っておくと良いでしょう。

私もコンサート前に練習する曲目を楽器の横に貼って練習します。

恵比寿教室の三好先生が、可愛らしい目標プラン表を作って下さいました。毎日、夏まで、冬まで、1年目の目標、弾きたい曲などを書くとやる気が沸きますね。

♪♪

③レッスンの曜日に家族の前で弾く

レッスンがない場合でも、通常のピアノレッスンと同じ曜日にご家族の前で弾いてみると1週間のリズムがついて良いと思います。

お母様と一緒にご自宅で進めて頂くことで、きちんと上達します。大事なことは、定期的に緊張感を持ってピアノに向かうことです。

是非、ご自宅でご一緒にやってみて下さい。

♪♪

大人の方は、携帯などで自分の演奏を録音をして客観的に聞くことも、とても良い勉強になります。

人前で弾くときは私もいつもします。そうして、自分で自分にダメ出しをすることで、日々改善する課題が見えてきます。

♪♪♪♪♪

 

ご自宅での練習方法 

皆様こんにちは。

ご自宅での練習方法など参考にして頂ければと思います。
また、レッスン以外でも弾いている曲に関して何かご質問があれば、いつでもメールなどでご連絡を頂ければ、フォロー致します。

♪♪♪♪♪

1人で練習していると、知らない間に陥ってしまうことがいくつかあります。
これは、誰にでも当てはまることです。

♪♪

①譜読みのミス
特に新曲を譜読みしている場合は、音の臨時記号に注意しましょう。(♯シャープやbフラット、ナチュラル) また、リズムを確認してみましょう。

♪♪

→改善方法:

譜読みをして「何となく変な音」と感じる箇所は調号、♯やbをつけ忘れていたり、違う音になっていることが多いです。変?と感じる本能は大体当たっています。弾いている調性と違う音がすると、調和していないからです。

もう一度、気を付けて片手ずつ声に出して読み、鍵盤で確認をしましょう。声に出すことでより認識が高まり、弾く直前に気を付けるようになります。

♪♪

リズムが分からない時→ピアノを弾く前にまず手で叩いてみましょう。

お子様で良く多いパターンは、弾いているうちに何拍目か分からなくなっていると、知らない間にテンポもゆっくりになっています。

拍が取れる=テンポが安定します。

①3拍子であれば、1、2,3を数えながら手でリズムたたきをしてみましょう。

②できたら、同じく数えながら片手で弾いてみましょう。なかなか、始めから両手で数えながら弾くことは難しいです。

数えて弾ければ、テンポも安定してきますし、できないところが明確になります。その部分だけ3回できるまで練習しましょう。

ピアノと同時にソルフェージュ(歌やリズム叩き、初見)は大変重要です。私は、桐朋学園の音楽教室で小1-大学4年まで15年間ソルフェージュと和声を勉強しました。これは楽器を演奏する為に、大変重要な基礎力だからです。

フランスの子供達はピアノやギターを勉強したくても、楽器に触る前に2年間みっちりソルフェージュと和声を勉強します。これは、国が指定しているカリキュラムです。その為、ピアノを初めて弾く頃には、リズムも譜読みも一人である程度できる中級レベルなので、理解力と上達も早いです。

♪♪

②テンポ
弾ける所と難しい所の早さが異なったりしますが、自分ではなかなか気がつくのが難しいです。

♪♪

→改善方法:

全体を通して安定して弾けるテンポをメトロノームで決めます。
早すぎる所はメトロノームに合わせてゆったりと、まだ速く弾けない箇所は片手ずつメトロノームをゆっくりのテンポから目標設定したテンポまで少しずつ上げて「片手ずつ」練習。

まず、きちんと片手が弾けなければ「両手」でテンポで弾けません。
片手ずつ3回通して弾けたら、両手で3回ずつ弾けるかやってみましょう。

皆、早く弾けるようになりたい気持ちから、いきなり両手で弾いていることが多いようですが、これは2人3脚と同じような状態です。ある程度は弾けるようになっても、より上達する為にはピアニストも片手ずつ部分練習をしています。

♪♪

また、弾きにくい箇所は片手ずつ「リズム練習」をすると短時間で上手になります。1日1個違うリズムで練習した後に普通に弾いてみると、不思議にスラスラと弾けるようになります!

♪♪

③装飾の入れ方
トリルをどの様に弾けば良いの?

バロック時代の曲(バッハやメヌエットなどの古典舞曲、プレ・インベンション、チェンバロの曲など)や古典派(ソナチネ、ソナタ)、またロマン派(シューマン、ショパンなどにより美しくする為に、多くのトリルが書かれています。

なかなか、始めは難しいですね。
お子様の場合は、先生に聞いてください。分からない場合は、トリルなしでまず弾けるように練習してみましょう。

高学年や大人の方は、作曲家の装飾表がある場合は、確認してみましょう。自分でトリルを理解して弾けるようになると良いですね。

また、トリルの弾き方が合っていても、両手で弾くのが難しかったり、知らない間にテンポが落ちてしまうことがあります。

♪♪

改善方法:→

トリルを洋服に例えると「リボンやキラっと光る飾り」のようです。
改善するには、まずトリルなしで弾くこと。元の音の長さを良く覚えて下さい。トリルを付けても元の音の長さは変わりませんので、きちんと何の音にトリルが付いているのかを常に認識することが大事です。

私のパリのチェンバロの恩師、クリストフ・ルセがいつも仰っていたのは、
トリルなしありなしあり
でいつも練習すること。
そうすれば、弾けるようになるよと。

皆様もヒントになることがあれば、是非、試してみて下さいね。

世界中で目標に向かって

皆様こんにちは。

暖かい日和が続いていますが、コロナウイルスのことがまだまだ心配です。

フランスやアメリカのニュースを見ていますが、欧米の状況はかなり深刻です。既に、イタリアやフランスでは約1ヶ月が過ぎようとしています。

フランスでは、外出の際には目的、1キロ以内、1時間以内の外出と記載した紙を持っていないと罰金が課されます。始め35ユーロ位だったのが、135ユーロ、遂には2回、3回目に違反すると30万以上もの罰金を支払うそうです。それだけ、外出禁止令が出たばかりの頃は、人々の認識が低く南仏では海岸へ行ってしまう人々を注意する警察官の姿などが映っていました。

現在は、多くの感染者と医療崩壊を防ぐためにTGVの高速列車の中に仮設ベットと医療機器を設置して、受け入れ可能な地方の病院や軍のヘリコプターで隣国のドイツなどへ搬送しているそうです。

♪♪

そんな中、欧米にいる私の音楽仲間達はどうしているのか心配で連絡を取っていますが、皆せっせと目標に向かって毎日を過ごしています。

4月にイタリアでコンサートを一緒にするはずだったピアノ&チェンバロ奏者は、3月にパレルモで予定していた全曲スカルラッテイのソナタで構成したコンサートがキャンセルになってしまったとのこと。気分転換にイギリス組曲を弾いているそうです。NYの友人は毎日バッハの難曲、ゴルトベルク変奏曲(全30変奏曲)を毎日1曲ずつ動画配信、去年一緒にフランスでコンサートをした同僚は、バッハ:平均律(48曲)を弾き始め、オランダにいるアムステルダム音楽院へ留学中のルームメートだったフォルテピアニストはモーツァルトのソナタ全曲を弾いているとのことです。

皆、今しかできない目標を作り、着々と日々向かっています。そんな姿に勇気付けられますね。

♪♪

残念なことに、私も4月に予定していたローマ公演、5月&6月の東京公演も中止、延期となりました。

しかし、気分転換と新たな目標に平均律全曲を弾き始めました。長いマラソンの様ですが、美しい旋律や難解なフーガを弾いてると、「バッハはどれだけの時間と労力を費やしてこれらの名曲を書いたのだろう」と改めて偉大さを感じます。1か月どころか1年以上かかるかもしれません。

どんな状況でも音楽があることで生活に軸ができます。

パリにいるピアニストの友人とビデオで話したら、「10日間一歩も家から出ていない」とのことでしたが、お部屋には素敵なシャクヤクのお花が飾られ、ゆったりとした時間の中で日々をポジテイブに過ごしているようでした。

お花は在庫が余っている生産者を助けようという動きから、ネット注文をして宅配でドアの前に置く配達方法で届くそうです。

既に、パリの音楽教室では4月は全てのレッスンをお休みとなり、個人レッスンの生徒はオンラインレッスンで行っているそうです。

お話をした後、10日ぶりに歩いたサン・ルイ島の写真を送ってくれました。

素敵な夕日ですね。ノートルダム大聖堂の焼け跡が、まだ痛ましいそうです。

♪♪

私がパリ留学から本帰国する時にも、このノートルダム大聖堂の大きなカリオンが鳴り響いていました。

全世界で安心できる環境に一日も早く戻ることを願うばかりです。

お問い合わせ
アクセス