Kay Music Academy

〜子供から大人のためのピアノとチェンバロレッスン〜

2/9(日)ピアノ発表会 日仏会館ホール

いよいよ今年もピアノ発表会まで2週間です!
昨年に引き続き、フランス人と日本人の合同発表会です。

日頃の成果を存分に発揮できる機会になることを、願っております。

ピアノ発表会 

入場無料)

第1部 11:40

第2部 13:30
第3部 15:00

今年の会場は、恵比寿の日仏会館ホールです。
とても素晴らしい響きのべヒシュタインのグランドピアノがあります。
べヒシュタインはドイツ、ベルリンのピアノですが、重厚感のある素敵な音色です。
演奏される方、聞きにいらっしゃる方にもお楽しみ頂けると思います。
プログラムも完成しました。
今年は、出演者の方へ可愛らしいプレゼントをご用意しています。
どうぞお楽しみに!
 外玄関から直接ホールへ

日仏会館ホール

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25 電話 03-5424-1141
恵比寿駅JR東口より徒歩8分
JR山手線:恵比寿駅東口
JR恵比寿駅東口よりガーデンプレイス方面の動く歩道(恵比寿スカイウォーク)の終端より外に出て、左手の交差点を渡り、ガーデンプレイスを右手に見ながら直進すると次の交差点の角が日仏会館です。

プログラム詳細は画面下に表示致します。

 2019年ピアノ発表会

第1部 11:40

1 一色 望緒 ギロック 教会の鐘
Mio ISHIKI Gillock Mission bells
2 エミリー バラバ フランス民謡 月の光に
フランス民謡 きらきら星
Emilie BARABA Chanson française Au claire de la lune
Chanson française Ah! vous dirais-je, Maman
3 アンナ カノー ホフマン ビビディ・バビディ・ブー
Anna CANNAUD Al Hofmann Bibbidi-Bobbidi-Boo
4 オンリー バラバ バスティン 小さなインディアン
マルタン ブギー No.1
Henri BARABA Bastien Le petit indien
Martin Boogie Nr.1
5 カン ユミ ギロック ガラスの靴
デンマークの歌 水兵さんお踊り
Kan YUMI Gillock Chaussures en verre
Chanson danoise La danse des marins
6 マルゴ バルラン E.グリーグ アリエッタ 作品12-1
ルボス スルカ 「リトミカ」
Margot BARLAND E. Grieg Arietta op.12-1
Lubos Sluka “Rytmicka” from Moments at the Piano
7 佐藤 春空 ショパン マズルカ 作品17-1 B-dur
シューマン 音楽の夜会 から ノットゥルノ Op. 6-2
Haruaki SATO Chopin Mazruka Op.17-1 B-dur
Clara Shumann Soirees musicales “Notturno” Op.6-2
8 テリー 井上 久石 譲 サマー
Terry INOUE Jyo HISASHI L’étè
9 植山 知恵子 ショパン ノクターン 作品9-2 Es-dur
Chieko UEYAMA Chopin Nocturne Op.9-2
10 野崎 久実子 ショパン 華麗なる大円舞曲 作品18
Kumiko NOZAKI Chopin Grande Valse brillante Op.18
11 梶原 泉 ショパン ノクターン 作品32-1 ロ長調
Izumi KAJIWARA Chopin Nocturne Op.32-1
12 阿部 美穂子 ショパン スケルツォ第2番 作品31
Mihoko ABE Chopin Scherzo Nr.2 Op.31
13 新井 ひな乃 ドビュッシー 「金色の魚」映像第2集より
Hinano ARAI Debussy 「喜びの島」映像第2集より
Hinano ARAI Debussy “Poissons d’or” Images Livre I
“l’isle joyeuse” Images Livre II
14 【講師演奏】倉地恵子 ラヴェル 水の戯れ
Ravel Jeux d’Eau

第2部 13:30

15 【講師演奏】染矢 早裕子 ドビュッシー 「月の光」ベルガマスク組曲より
16 吉田 花菜 ギロック ゆらゆらゆれて
スピッツ やさしいあの子
17 高塚 沙矢 デイズ二― ミッキーマーチ
デイズ二― ハイホー(姉妹連弾)
18 高塚 梨緒 ペーツォルト メヌエット ト長調 BWV Ahn.114
19 田中花 ストリーボッグ 小さな妖精のワルツ(謝肉祭)
20 シタール空 ホルスト (橋本晃一 編曲) ジュピター
ティム ミンチン (フィリップ ケヴェレン 編曲) マチルダより「ウェン アイ グロー アップ」
21 吉村 萌花 デュセック ソナチネ Op.20,No.1 第2楽章 アレグレット
22 藤田 理央 ベートーベン ソナチネ 第6番 Anh.5 第1楽章
23 田中 杏 ショパン ワルツ第19番 イ短調 遺作
24 藤田 由紀子 メンデルスゾーン 「ベニスのゴンドラの歌」無言歌集よりop.30-6

第3部 15:00

25 【講師演奏】植山けい・三好美穂 バッハ (小森昭宏 編曲) フルートソナタ第2番BWV1031より「シチリア―ノ」連弾
26 佐藤 美娃 童謡 ちょうちょう
童謡 親子連弾 ぶんぶんぶん
27 木原 花凜 童謡 親子連弾 かえるの歌
28 松田 進之介 ギロック アルゼンチン
ヨゼフ レウ 姉弟連弾 よる
29 岩屋 佳那 ブルグミューラー シュタイヤ―舞曲
30 鈴木 梨央 ストリーボッグ すみれ
31 松田 葵 モーツァルト ソナタ第11番 K.331 第3楽章 「トルコ行進曲」
32 山田 桃可 バッハ インベンション BWV781 G-dur
ショパン ワルツ Op.70-2
33 小石 龍之介 バッハ フランス組曲第5番 BWV816 プレリュード、サラバンド、ガボット
レシェティツキ ロマンス「慰め」 Op.40 Nr.2
34 市川 高嶺 ベートーベン (ルビンシュタイン 編曲) トルコ行進曲 Op.113-4

2/23&3/22 チェンバロ公開レッスン

皆様、こんにちは。
新しく、2月より久我山でチェンバロ・公開レッスンを行います。

●チェンバロ公開レッスン

2/23(日)14:00-16:00
3/22(日)14:00-16:00

場所:有松スタジオ
(京王井の頭線:久我山駅より徒歩10分)
杉並区久我山3-39-16

これは、できるだけ多くの方にチェンバロを体験して頂きたいという想いから、気軽に弾ける機会を作りました。

画面↓下のフォームよりお申込み頂けます。

●チェンバロを弾いてみたい方
●ピアノでバロック音楽を弾いているけれど、より詳しく知りたい方
●ピアノを習っている小学生~大人の方
●ピアノ講師

開場は、久我山にある有松スタジオになります。

有松スタジオにて

私自身、ピアノを習っていた小学生の頃より、「古典舞曲集」や「プレインベンション」、「インベンション」、バッハの「フランス組曲」や「イギリス組曲」「平均律」などを学んできました。

桐朋音高・音大のピアノ科の時は、バッハは真面目というイメージでした。

しかし、大学を卒業後にアメリカでピアノを学ぶと同時に副科でジャズの即興とチェンバロを始めました。目から鱗でした。
ジャズの自由さにも驚きましたが、チェンバロのレッスンで、今まで知らなかった色々なバロック音楽を紹介して貰い、楽譜の読み方が根底から覆されました。

楽譜から、何を読み取るのか?
拍子や調性の特色は?
この曲は舞曲の様式なのか?

それまでは、先生に言われた通りに弾くことばかり考えていましたが、チェンバロに出会い歴史的背景やどの様な時代に書かれたのか、他の作曲家からの影響や、どの様な様式が当時盛んだったのか、色々と調べるようになりました。

パリ・サルコルトー

作曲家が残してくれた楽譜は、手紙のように貴重な資料です。
そこから何を読み解くのか。
終わりのない謎なぞのようですが、出来る限り作曲家の見地に近ずきたいと思います。
一生かけても作曲家と同じ深い読み方に到達するか分かりませんが、それが音楽の面白さでもあると思います。

 チェンバロのタッチはピアノよりも軽いのでお子様でもメヌエットなど楽しんで弾いて頂けます。

日本では、まだまだチェンバロに触れる機会が少ないです。
フランスでは、8才から市の音楽教室でピアノと並びチェンバロも選択することができます。
その為、フランスでは多くの優秀なチェンバリスト(フランスではクラヴにストと言います)が活躍しています。

レッスンは、2つの時間よりお選び頂けます。
30分(お子様や短い曲)3,000円
45分(本格的に学びたい方)4,500円

ご質問などあれば、お気軽にご連絡下さい。

お名前(必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

住所 〒(必須)

住所

ご希望のレッスンの枠に「希望」とご記載下さい。

第1回 2月23日(日)14:00
30分レッスン 3,000円


第1回 2月23日(日)14:00
45分レッスン / 4,500円 


第2回 3月22日(日)14:00
30分レッスン 3,000円


第2回 3月22日(日)14:00
45分レッスン / 4,500円 

演奏曲目をお書きください。お問い合わせ

画像内の文字を入力してください。(必須) captcha

2020年間チェンバロ発表会 終了!

Harpsichord student concert has finished.


チェンバロ発表会が無事に終わりました。

素晴らしい安達さんのフレンチダブルのチェンバロとステンドグラスの素敵な松本記念音楽迎賓館の贅沢な空間でした。
皆様お疲れ様でした!

1/11 チェンバロ発表会

新年明けて早々にチェンバロとピアノの発表会があります。

ご興味のある方は、ご自由にお聞き頂けますので是非お越し下さい。

ステンドグラスのお部屋でフランス様式のチェンバロの音色をお楽しみ頂けます。

1/11(土)通奏低音講座発表会&チェンバロ発表会

場所:松本記念音楽迎賓館

13:15

平松晶子  (ヴァイオリン) ■コレッリ ヴァイオリンソナタ 作品5の10 ヘ長調
江浦仁美 (ガンバ) A.Corelli (1653-1713) Sonata per Violino Op.5 n°10 Fa-maggiore
(チェンバロ)
吉岡祐美、佐藤大介 プレリュード Preludio
中山英子、深松加絵 アルマンダ Allamanda
中川嘉子 サラバンダ Sarabanda
稲垣潤子 ガヴォッタ Gavotta
赤木千華 ジガ Giga
■コレッリ ヴァイオリンソナタ 《ラ・フォリア》作品5の12 ニ短調
奏者全員 A.Corelli (1653-1713) Sonata per Violino Op.5 n°10 “La Folia”

チェンバロ発表会 14:00~

1 青柳千佳

(チェンバロ)

■ バッハ ガンバソナタより 第1楽章、第3楽章
 岡本希輔

(コントラバス)

J.S.Bach (1685-1750) Sonata for Viola da Gamba BWV1028 D-Major : Adagio, Andante
2 廣田泰子 ■バッハ フランス組曲第4番より アルマンド、サラバンド、メヌエット
J.S.Bach (1685-1750) Französische suiten Nr.4 BWV815 Es-dur : Allemande, Sarabande, Menuet
3 利光 眞裕美 ■ヘンデル 組曲第5番より プレリュード、エアと5つの変奏
G.F.Handel (1685〜1759) Suite Nr.5 E-dur HWV430 : Prelude, Air and 5 Doubles
4 中山美穂 ■バッハ カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちに寄せて」
J.S.Bach (1685-1750) 1. アリオーソ 旅を思いとどまらせようとする友人たちのやさしい言葉
3. 友人一同の嘆き
4. 友人たちは集まり、別れを告げる
5. 郵便馬車の御者のアリア
Capriccio on the departure of a beloved brother BWV992
1. (Adagio) Arioso.
3. (Adagiosissimo)
4. Allhier kommen die Freunde und nehmen Abschied.
5. Aria di Postiglione
5 中山英子 ■バッハ パルテイータ第1番より プレリュード、サラバンド、メヌエット、ジグ
J.S.Bach (1685-1750) Partita No.1 BWV825 B-dur : Prelude, Sarabande, Menuet, Gigue
6 佐藤大介 ■ルイ・クープラン プレリュード、クーラント、サラバンド、シャコンヌ
L.Couperin (1626-1661) Prelude, Courante, Sarabande, Chaconne in la
7 山本明日美 ■フォルクレ クラヴサン曲集 第5組曲より ラモー、ボワッソン
J.B.Forqueray (1699-1782) 5ème Suite pour le clavecin : Rameau, Boisson

謹賀新年 2020

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆様にとって、音楽と共に素敵な年になりますように。

新年明けて早々にチェンバロとピアノの発表会があります。

ご興味のある方は、ご自由にお聞き頂けますので是非お越し下さい。

ステンドグラスのお部屋でフランス様式のチェンバロの音色をお楽しみ頂けます。

1/11(土)通奏低音講座発表会&チェンバロ発表会

場所:松本記念音楽迎賓館

13:15

平松晶子  (ヴァイオリン) ■コレッリ ヴァイオリンソナタ 作品5の10 ヘ長調
江浦仁美 (ガンバ) A.Corelli (1653-1713) Sonata per Violino Op.5 n°10 Fa-maggiore
(チェンバロ)
吉岡祐美、佐藤大介 プレリュード Preludio
中山英子、深松加絵 アルマンダ Allamanda
中川嘉子 サラバンダ Sarabanda
稲垣潤子 ガヴォッタ Gavotta
赤木千華 ジガ Giga
■コレッリ ヴァイオリンソナタ 《ラ・フォリア》作品5の12 ニ短調
奏者全員 A.Corelli (1653-1713) Sonata per Violino Op.5 n°10 “La Folia”

チェンバロ発表会 14:00~

1 青柳千佳

(チェンバロ)

■ バッハ ガンバソナタより 第1楽章、第3楽章
 岡本希輔

(コントラバス)

J.S.Bach (1685-1750) Sonata for Viola da Gamba BWV1028 D-Major : Adagio, Andante
2 廣田泰子 ■バッハ フランス組曲第4番より アルマンド、サラバンド、メヌエット
J.S.Bach (1685-1750) Französische suiten Nr.4 BWV815 Es-dur : Allemande, Sarabande, Menuet
3 利光 眞裕美 ■ヘンデル 組曲第5番より プレリュード、エアと5つの変奏
G.F.Handel (1685〜1759) Suite Nr.5 E-dur HWV430 : Prelude, Air and 5 Doubles
4 中山美穂 ■バッハ カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちに寄せて」
J.S.Bach (1685-1750) 1. アリオーソ 旅を思いとどまらせようとする友人たちのやさしい言葉
3. 友人一同の嘆き
4. 友人たちは集まり、別れを告げる
5. 郵便馬車の御者のアリア
Capriccio on the departure of a beloved brother BWV992
1. (Adagio) Arioso.
3. (Adagiosissimo)
4. Allhier kommen die Freunde und nehmen Abschied.
5. Aria di Postiglione
5 中山英子 ■バッハ パルテイータ第1番より プレリュード、サラバンド、メヌエット、ジグ
J.S.Bach (1685-1750) Partita No.1 BWV825 B-dur : Prelude, Sarabande, Menuet, Gigue
6 佐藤大介 ■ルイ・クープラン プレリュード、クーラント、サラバンド、シャコンヌ
L.Couperin (1626-1661) Prelude, Courante, Sarabande, Chaconne in la
7 山本明日美 ■フォルクレ クラヴサン曲集 第5組曲より ラモー、ボワッソン
J.B.Forqueray (1699-1782) 5ème Suite pour le clavecin : Rameau, Boisson

「特別賞」チェンバロプレジャー

秋はコンクールやコンサートが盛り沢山です。

朗報が続いています。

毎年大手町で記載される「チェンバロプレジャー」というコンクールで、昨年に引き続き佐藤大介さんと息子さんの春空君が受賞致しました。

佐藤 大介さん(お父様)特別賞 (昨年はグランプリ)

佐藤 春空君(5)準グランプリ(昨年は努力賞)

お父様は2年前より久我山教室でチェンバロレッスンへいらしています。

すでに小6の時にショパンのバルカローレを弾いていらしたそうで、やりたいピアノとIT

の道からITを選び、最近また音楽に励まれています。

音楽は一生の友ですし、向上し続けられるものなので、とても素敵な接し方だと思います。

息子さんの春空君は、現在桐朋学園大学附属子供のための音楽教室でピアノとヴァイオリン、オーケストラで勉強されています。

お父様のチェンバロがご自宅にある為、小学生の頃からバッハをチェンバロで弾ける恵まれた環境です。

そんな環境に居るだけで、自然と「バッハはこういう楽器だったんだ」と体験できることが今後ピアノの演奏にも大きく役立つと思います。

今回、春空君のレッスンはしていませんが、自分で頑張って練習して頂いた賞は格別な思いがあることでしょう。

来年はグランプリを目指して再挑戦したいそうで、楽しみです。

「優秀賞」ブルグミュラーコンクール

皆様こんにちは。

雨続きでしたが、やっと秋晴れになりました。

恵比寿教室でピアノレッスンにいらしている岩屋佳那ちゃんが、昨年に引き続きブルグミュラーコンクールへ出場し、見事「優秀賞」を受賞致しました。

昨年は「努力賞」を頂き、今年は更にステップアップしたことが認められたと思います。

ここ数年真面目にコツコツと練習&レッスンを続けられている成果が認められ、佳那ちゃんも万面の笑みです。

ご指導頂いた山田先生と三好先生にも感謝申し上げます。

12/22 埼玉大学主催公演 「音楽の贈りもの」

すっかり秋になりましたが、台風が多く心配です。

さて、年末にあるコンサートのお知らせです。

 

埼玉大学主催公演「音楽の贈りもの」

場所:彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール

(入場無料:先着600名様)

日時:12/22日(日)

ーーー

217:30 開始予定

バッハ:ブランデンブルグ協奏曲第5

マレ/コレッリ:フォリア(バロックダンス&アンサンブル)

ーーー

パリでバッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲ツアーをトリオ・ワンデラーのチェリスト:ラファエル・ピドウー氏やパリ管弦楽団のメンバーとフランス&スイスツアーをしてから10年が経ちました!

第5番 冒頭部分

バッハ:自筆譜 チェンバロ カデンツァ部分

思い出の第5番を日本でも演奏させて頂けるのが大変嬉しいです。第1楽章には有名なチェンバロの長大なカデンツァがあります。

まだチェンバロが主に伴奏楽器だった時代に、バッハが初めて超絶技巧を駆使したこの協奏曲を書き、ソロの楽器として確率した重要な曲です。

 ブランデンブルク伯の肖像画

1721年ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯クリステイアン・ルートヴィヒに6曲からなる「ブランデンブルグ協奏曲」が献呈された。

桐朋学園大学時代にバロックダンスを教えて頂いた浜中康子先生の踊りと共に「フォリア」を演奏させて頂きます。

チェンバリストの曽根麻矢子さんプロデユースの通奏低音講座を8月より3回させて頂きましたが、ちょうどコレッリ:フォリアを課題曲に取り上げています。

実際にバロックダンスがどの様に踊られるのか同じステージで見られるのは楽しみですね。

ご都合が宜しければ、是非お気軽にお越し下さい。

アクセス

https://www.saf.or.jp/arthall/access/

 

東京フィル ガラコンサート終了

Gala concert of Tokyo philharmony with Karl Heinz Schutz (Vienna philharmony:solo flute) and Andrea Battistoni has finished at the Tokyo Opera city.

 

東京フィルハーモニー&アンドレア・バッティストーニ&カール・ ハインツシュッツさん(ウイーンフィル フルート奏者)とのガラコンサートが無事に終わりました。

●プログラム
バッハ:フルート・ソナタ組曲 BWV1030 より第1楽章
(Fl カール・ハインツシュッツ & Cemb植山けい)
バッハ:管弦楽組曲第2番 (Fl カール・ハインツシュッツ)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」より“夏”(Vn:三浦章宏 東京フィルハーモニーコンサートマスター)

今回はガラコンサートでしたので、有名な楽章だけ取り上げられ、聞きやすいプログラムでした。

カールさんは美智子様とも演奏されたそうですが、とても気さく&上品なジェントルマンで、黄金のフルートから美しい音色がホールに響き渡っていました。

リハーサルは本番4日前に初めてお会いして30分(2回通して細かい打ち合わせ)、本番当日に2回通してコンサートでした。

楽譜に記載されているバッハが細かく記載したニュアンスやアーテイキュレーションを、とても丁寧に演奏されていました。

楽譜のスラーやニュアンスの解釈の仕方が近かった為、限られた時間内のリハーサルでもパッと合い演奏ができました。

カールさんが「バッハのフルートソナタをこんなに大ホールで弾くのは初めて」と終わって言っていたので「私も」と。

もともとバッハの時代にソナタなどは、サロンなど、こじんまりとした空間で演奏されていたと思います。

チェンバロの上鍵盤の弱音p(ピアノ)が聞こえるのか心配でしたが、お客様も集中して下さり、静寂と程よい緊張感に包まれました。

カールさんはリハーサル中、英独仏語ミックスで話されていましたが、伝えたいことは同じなのであまり関係ないのでしょうね。

お互いにフランスに留学していたので、主にフランス語でコミュニケーションを取っていました。

しかし高校3年間学んだにも関わらず、使う機会がないまま忘れてしまったドイツ語は、クラシック音楽をやる上でやはり話せたらいいなと改めて感じました。

この夏からイタリア語を始めていますが、指揮者のアンドレアさんはロミオとジュリエットの街、ヴェローナご出身の明るいイタリア人です。
片言のイタリア語でご挨拶をしたら、演奏の指示をイタリア語でバーッと言われたのですが、間違って理解してはいけないので、
「ドレミ」で歌って確認しました。(笑)

後半はオペラから華やかな明許きシリーズでした。

オランダ留学中も、3-4カ国を話す人はかなり多く驚きました。隣国に囲まれ、過去に攻められた歴史のある国は特に数カ国語話せる人が多いですね。

私達日本人の言語はヨーロッパ言語から遠いためハンデイはあるかもしれません。

しかし、西洋音楽を演奏する者にとって、言語と音楽のリズムはとても密接だと思いますし、17、18世紀の作曲家当時の文献を原語で読む際には英独仏伊語は必要だと改めて思いました。

音楽でもドイツ、フランス、イタリア、フランス、イギリス各様式により特徴が異なるのは、言語の響きの違い=美しいと感じる音や抑揚の違いから由来しているものも大きいと思います。

いつのまにか語学談義になってしまいましたが、8月末より続いた秋のコンサートが無事に終わりほっとしました。

9月-来年1月まで、毎週京都の同志社女子大学へ通い、ピアノ科の生徒へチェンバロ副科&授業をさせて頂いています。

AFJ フランス人の為のピアノレッスン

10月に入ったとは思えない暑さが続いていますが、彼岸花も咲いて秋らしくなってきました。

3年前より「フランス在日協会」の依頼を受け、東京在住のフランス人のためにフランス語でピアノレッスンを恵比寿と神楽坂でさせて頂いています。

フランスから3日前に到着したばかり!
という方やご家族などをご招待して、日本で生活する上で役立つ情報や、皆で富士山を登ったり、コンサート、お料理、生け花、俳画などのレッスンを受けれる様に色々なクラスが充実しています。

水曜日に恵比寿教室で主にフランス人を教えて頂いている染矢早裕子先生とフランス人のピアノレッスンをご紹介させて頂きました。

 
フランスらしく、チーズやテリーヌ、ワインなどがスポンサーより振舞われ、お話も弾みました。
 

 

お問い合わせ
アクセス