Kay Music Academy

〜子供から大人のためのピアノとチェンバロレッスン〜

終了!3/21チェンバロ公開レッスン

2 students came to the harpsichord masterclass on the 21st of march.

3/21チェンバロ公開レッスンが終了しました。


私が通っていた桐朋学園音楽教室で聴音を教えて頂いた見延先生が、男の子の生徒2名を連れてお越し下さいました。初めてチェンバロでバッハ:シンフォニア&フランス組曲第3番🇫🇷を演奏をしてくれました。
チェンバロは、ピアノよりも鍵盤が軽い&ピッチが半音ピアノよりも低い為、始めは慣れるまで不思議な感覚だったようですが、アーテイキュレーション、テンポを安定させる為に歌いながら歩いたりしました。

また、装飾音は大人でもなかなか難しいのですが、よく弾いてくれていました。
しかし、装飾が難しい部分は無意識に全体のテンポが遅くなってしまうことがあります。
常に重要なのは、左手のバスと和声、転調、終止形です。

練習方法の1つとして、左だけ弾いてチェロだったらどの様にフレーズやアーテイキュレーションをするのか?イメージして歌いながら弾くこと。

それとは別に、装飾音の部分は腕を脱力して指先だけで弾けるように取り出して練習をすることを提案させて頂き、一緒に弾いてみました。
バッハのインベンションやシンフォニアはピアノ🎹だけのイメージでなく、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなど弦楽3重奏やDuoで弾いても綺麗な曲だと思います。


鍵盤楽曲以外のチェロやヴァイオリンの無伴奏組曲やブランデンブルク協奏曲などを聴いてボーイングの仕方などに親しむことで、より立体的なイメージが掴めると思います。

今後もこのような機会を通じて、できるだけチェンバロに触れる機会を作っていきたいと思います。

 

 

英検4名合格㊗️おめでとう!

桜が満開🌸になり雪とは驚きですね。
毎日暗いニュースが多いですが、朗報です。

恵比寿&久我山教室でピアノ&英語レッスンを受けていた4名全員が無事、英検に合格しました。
おめでとう㊗️ございます。🎊🎈
小6の3名は4級&準二級、中1の1名は英検3級に見事合格しました。

面接のシュミレーションもレッスンで行いましたが、英検3級では”What are you going to do after the exam? What do you usually do on weekend?”など日常会話も質問に出てきます。

いつもレッスンでは挨拶から英語で、近況報告や学校でした事などをWhat did you do today?” と聞いて生活や自分の考えをその場で英会話できるようにしています。

少しずつの積み重ねでも、英語で考える思考を持つと、面接などでもスラスラと出ると思います。

ピアノ🎹レッスンをした後に音楽的な耳で英語に取り組むと発音が自然に良くなります。細かいイントネーションも聴音の様に聞き取れるからです。
「英語が楽しい&得意」の意識で色々な分野に今後生かして頂ければと願っています。

私が初めてアメリカ留学🇺🇸をした時に、ピアノと英語はどんなにできても十分過ぎることはない、芸は身を助くと本当に実感しました。

語学の勉強は音楽と同様に一生終わりはないと思います。
自分の気持ちの表現方法として、いくら上達してもまだ知らないことは沢山あり、より細やかな気持ちを表現したいと思うからです。

ヨーロッパで出会った友人達は、5ー7カ国語を話せることを知り、ビックリしました。
その中には10カ国語話せるようになりたいと更なる夢に向かって気軽に色々な言語に親しんでいる友人もいます。彼ら曰く、3カ国語以降はラテン系、ゲルマン系などカテゴリーが似ているのでそんなに難しくないそうです。

昔から語学は教養として重要視されてきていますが、根本的には「人とのコミュニケーションが好き」であることや、他文化に興味が大事だと思います。

私自身も、アメリカ人の同僚と英語で、フランス在住🇫🇷の友人とフランス語&日本語レッスン、イタリア語🇮🇹のプライベートレッスンで毎週90分話し、各言語の思考回路を保つようにしています。それでも、毎日使う環境でないと忘れてしまいます。

学生時代よりも脳の記憶が明かに退化しると感じますが、ドイツ語もやり直していつかバッハのカンタータを原語で楽しめたらいいなと思います。

私自身、フランス音楽を本当に理解する為には、フランスに住んでフランス人のメンタリテイを知り、フランス語で生活をすることが必要と痛感してパリで5年間過ごしました。
実際、フランス音楽の魅力的なハーモニーや間の取り方、和音と和音が重なり合って生まれる繊細な濁る音の美しさは、フランス語のリエゾン(単語が繋がる時に生まれる濁る音)から来ている感覚だと思います。
西洋音楽を学ぶ私達にとって、作曲家が話し、思考していた原語を学ぶことから多くのことが見えてきます。

歌舞伎を演じる為に日本文化と日本語の理解が不可欠なのと同様です。

皆様、是非ご一緒に頑張りましょう。

延期のお知らせ 5月31日(日)トークコンサートin 世田谷

この度、5/31スペシャル1dayイベント!の開催ですが、新型コロナウィルス拡大に伴い検討しました結果、今回は開催を見送るという判断に至りました。

延期後の日程は未定ですが、また決まりましたら、皆様に是非ご報告させていただきたい次第です。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さい。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ーーーーー以下のイベント、延期となりました。

チェンバリスト曽根麻矢子さんのプロデユースの特別企画です!

チェンバロ トークコンサート

場所:松本記念音楽迎賓館

曽根麻矢子 チェンバロマスタークラス
奥秋浩一「大切な食のお話 〜免疫力を高める!発酵、マクロビオテイックなど〜」
植山けいトークコンサート&曽根麻矢子の連弾も必見!!

フランス音楽(デュフリ、クープラン、フォルクレなど)&バッハ:フランス組曲第5番をお楽しみ頂けます。
(懇親会)奥秋先生の発酵甘酒

コンサートのみ3、500円
お得な1日通し券9、000円

学生券2,000円(小学生ー大学生)もございます。
ご都合の宜しい方は是非お越し下さい。

 

安達正浩さん製作のフランス様式のチェンバロで演奏させて頂きます。

木のぬくもりとステンドグラスが素敵な空間です。

場所:松本音楽記念迎賓館

アクセス:電車&バスでお越しの方

http://ongakugeihinkan.jp/access/bus_train.html

東急田園都市線「二子玉川駅」よりバスを利用の場合

東急コーチ玉31成育医療センター行き、または玉32美術館行き
停留所「もみじが丘」または「岡本三丁目」下車
徒歩4~5分

小田急線「成城学園前駅」よりバスを利用の場合

東急バス都立01都立大学駅北口行き
停留所「岡本三丁目」下車 徒歩4~5分

 

 

延期のお知らせ 6月12日(金)チェンバロリサイタル

この度、6/12チェンバロリサイタルは、新型コロナウィルス拡大に伴い検討しました結果、1年後の2021年6月へ延期させて頂くこととなりました。

延期後の日程は未定ですが、また決まりましたら、皆様に是非ご報告させていただきたい次第です。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さい。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

「植山けいチェンバロリサイタル」2回シリーズ 

2つの新しいプログラムをお届け致します。

 

6月12日(金)  → 2021年6月へ延期

【フランス風舞曲と音楽の肖像画】 

Dances and Portraits from France

2021年 6月は、フランスの優雅な舞曲と当時の作曲家同志が音肖像画を描くように残した作品

●11月6日(金)  【1685年生まれの大作曲家】

The great composers of 1685

11月6日(金)は、1685年生まれの大作曲家3人によるイタリア様式の名曲をお楽しみ頂けます。

 

6月12日(金)  → 2021年6月へ延期

【フランス風舞曲と音楽の肖像画】 

Dances and Portraits from France

J.S バッハ

フランス組曲 第5番

J.S.Bach (1685-1750) French Suite No. 5 in G major, BWV 816

ジャック・デュフリ 

アルマンド、クーラント、シャコンヌ クラヴサン曲集第1巻,第II巻より

Jacques Duphly (1717-1789) «Allemande, Courante, Chaconne»
extraits des Pièces de clavecin, livres I et II

フランソワ・クープラン

フォルクレ クラヴサン曲集第3巻 第17オルドルより

François Couperin (1668-1733) «La Superbe ou la Forqueray», extrait du XVIIème ordre des Pièces de clavecin, 3ème livre

アントワーヌ・フォルクレ

フォルクレ、クープラン、ルクレール、ラモー、シルヴァ、ジュピター クラヴサン組曲第1番、第2番、第5番より

Antoine Forqueray (1671-1745) «La Forqueray, La Couperin, La Leclaire, La Rameau, La Sylva, Jupiter»
Extraits des Pièces de clavecin, 1ere suite, 2ème suite, 3ème suite

11月6日(金)  【1685年生まれの大作曲家】

The great composers of 1685

J.S バッハ

半音階的幻想曲とフーガ、イタリア協奏曲

J.S.Bach (1685-1750) Chromatic Fantasia and Fugue  BWV 903, Italian Concerto BWV971

ヘンデル Handel (1685-1759)

シャコンヌ 

Chaconne in G major, HWV 435

ドメニコ・スカルラッティ

ソナタ

K.9, K.18, K.56,K.58, K.108, K.141, K.208

Domenico Scarlatti (1685-1757) Sonatas
        *曲目は奏者の都合により変更になる場合がございます。

植山けい:チェンバロ   Kay Ueyama, Harpsichord

2004年パオロ・ベルナルディチェンバロコンクール第2位(イタリア)。第19回国際古楽コンクール<山梨>チェンバロ部門第3位。 これまでアメリカ、オランダ、シャペル・ロワイヤル(ヴェルサイユ宮殿、フランス)、ブリュッセル王立楽器博物館(ベルギー)などで演奏会を行う。2012年【バッハ:ゴルトベルク変奏曲】を初リリースし、フランスディアパゾン誌新人賞、レコード芸術で特選盤並びに朝日新聞推薦盤に選出。2018年イギリスデビュー。同年【J.Sバッハ:6つのパルティータ】の録音がレコード芸術で準特選盤に選ばれた。桐朋学園大学ピアノ科、アムステルダム音楽院チェンバロ科卒業。これまでにチェンバロをメノ・ファン・デルフト、クリストフ・ルセ、故ユゲット・ドレフュスの各氏に師事。京都市立芸術大学非常勤講師。桐朋学園大学古楽器科嘱託演奏員。Kay Music Academy主催。 www.kayueyama.com

主催:C&K  後援:キングインターナショナル、桐朋学園音楽部門同窓会、日本チェンバロ協会

3/21(土)チェンバロ公開レッスン

皆様、こんにちは。
新しく、久我山でチェンバロ・公開レッスンを行います。

2月は嬉しいことに小学5年生の男の子(フランス組曲)と女の子(インベンション)&お母さま(平均律)をチェンバロで初めて演奏して下さいました。

●第2回 チェンバロ公開レッスン

3/21(土)14:00-16:00

14-15:00は予約済ですが、15:00からお時間ございます。

場所:有松スタジオ
(京王井の頭線:久我山駅より徒歩10分)
杉並区久我山3-39-16

これは、できるだけ多くの方にチェンバロを体験して頂きたいという想いから、気軽に弾ける機会を作りました。

画面↓下のフォームよりお申込み頂けます。

●チェンバロを弾いてみたい方
●ピアノでバロック音楽を弾いているけれど、より詳しく知りたい方
●ピアノを習っている小学生~大人の方
●ピアノ講師

開場は、久

久我山にある有松スタジオになります。

有松スタジオにて

私自身、ピアノを習っていた小学生の頃より、「古典舞曲集」や「プレインベンション」、「インベンション」、バッハの「フランス組曲」や「イギリス組曲」「平均律」などを学んできました。

桐朋音高・音大のピアノ科の時は、バッハは真面目というイメージでした。

しかし、大学を卒業後にアメリカでピアノを学ぶと同時に副科でジャズの即興とチェンバロを始めました。目から鱗でした。
ジャズの自由さにも驚きましたが、チェンバロのレッスンで、今まで知らなかった色々なバロック音楽を紹介して貰い、楽譜の読み方が根底から覆されました。

楽譜から、何を読み取るのか?
拍子や調性の特色は?
この曲は舞曲の様式なのか?

それまでは、先生に言われた通りに弾くことばかり考えていましたが、チェンバロに出会い歴史的背景やどの様な時代に書かれたのか、他の作曲家からの影響や、どの様な様式が当時盛んだったのか、色々と調べるようになりました。

パリ・サルコルトー

作曲家が残してくれた楽譜は、手紙のように貴重な資料です。
そこから何を読み解くのか。
終わりのない謎なぞのようですが、出来る限り作曲家の見地に近ずきたいと思います。
一生かけても作曲家と同じ深い読み方に到達するか分かりませんが、それが音楽の面白さでもあると思います。

 チェンバロのタッチはピアノよりも軽いのでお子様でもメヌエットなど楽しんで弾いて頂けます。

日本では、まだまだチェンバロに触れる機会が少ないです。
フランスでは、8才から市の音楽教室でピアノと並びチェンバロも選択することができます。
その為、フランスでは多くの優秀なチェンバリスト(フランスではクラヴにストと言います)が活躍しています。

レッスンは、3つの時間よりお選び頂けます。
30分(お子様や短い曲)3,000円
45分(本格的に学びたい方)4,500円

60分(フランス組曲など曲数が多い場合)6,000円

ご質問などあれば、お気軽にご連絡下さい。

お名前(必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

住所 〒(必須)

住所

ご希望のレッスンの枠に「希望」とご記載下さい。

第2回 3月21日(土)15:00
30分レッスン 3,000円


第2回 3月21日(土)15:00
45分レッスン / 4,500円 


第2回 3月21日(土)15:00
60分レッスン 6,000円

演奏曲目をお書き下さい。ご質問があればお気軽にどうぞ。

画像内の文字を入力してください。(必須) captcha

①チェンバロ調律講座

チェンバロ奏者は、自分で数日おきか毎日調律をしないといけません。

大事なコンサートは自分の楽器を自宅から会場へ運搬し、自分で調律するチェンバロ奏者も多いです。

楽器を管理する為、1年中一定した湿度を保つよう加湿器&除湿器を駆使しても、調律は狂ってしまいます。

まるで、生きているように繊細です。木も季節の変化と共に伸縮して変化します。

ピアノ奏者はお気に入りの調律師に1年に1-2回来て頂くのが通常です。

チェンバロやスピネット、クラヴィコードをレンタル、またお持ちの生徒の皆様にとっても、調律は知っておくべき重要なことです。

調律師の牧田啓佑さんをお迎えして「調律講座」を開催しました。

第1回目は調律の理論を分かりやすく教えてくださいました。

牧田さん特製の”ピザのような模型”で、見えないセントや音のうなりを可視化して下さいました。

第2回目はヴァロッティの音律と基本のメンテナンス(弦の張替や爪の削り方)を自分でできるように実践編を行います。

今から楽しみです!

 

ピアノ発表会 写真

皆様、発表会が終わりほっとしたのではないでしょうか。

発表会の写真ができました!

第1部はフランス人と日本人合同の部でした。

 

第2部

第3部

ピアノ発表会終了!

 

昨日、日仏合同のピアノ発表会が無事に終わりました。
ご参加頂いた生徒の皆様ありがとうございました。


今回は、久我山教室、恵比寿教室と神楽坂でフランス人レッスンをして頂いている倉地恵子先生のお教室と合同で30名行いました。

恵比寿教室から見える向かいの日仏会館ホールで初めて行いましたが、素晴らしいベヒシュタインのグランドのある150名入るホールです。

   日本語&フランス語のプログラムを作成しました。

恵比寿近辺の生徒は家からドレスのまま徒歩で来れたようです。


ベヒシュタインのピアノは深みのある低音と美しい高音でバランスが良く、1部から3部まで3時間以上のプログラムでしたが、心地良かったです。

講師4名の皆様のお陰で、前回よりも生徒が更に上達し、初参加の生徒さんも素晴らしい演奏で新たな刺激を受けたようです。

1週間前に公開リハーサルも兼ねてサロンコンサートを渋谷の区民センターで行いました。
お辞儀の良い練習にもなりましたし、突然暗譜が飛んだり、色々なハプニングも!
しかし、発表会は皆その経験を生かして最後の追い込み練習?!の成果が出て磨きがかかっていました。

発表会のプレゼントは楽器のモチーフの和三盆を香川県より取り寄せました。可愛くておいしいです!

 

 

2/2 ピアノサロンコンサート終了!

2/2日(日)に渋谷区大和田文化総合センターの大練習室にてピアノのサロンコンサートを行いました。

発表会当日は十分なリハーサル時間が取れないため、公開リハーサルの場として行いました。

皆さん、この数か月新曲に取り組み最後の仕上げですね。

一生懸命練習をしているのがよく分かりました。

また、昨年のピアノ発表会よりも難しい曲をよく弾いている姿を見ると、1年の成長がよく見えます。

親子や姉妹連弾も多く、ご家族でピアノを楽しむ姿はとても微笑ましいですね。

今回初めて参加するフランス人、日本人の生徒がいましたので、皆さまにもご紹介をさせて頂きました。

サロンコンサートは発表会よりもアットホームな雰囲気で音楽を楽しめると思います。

緊張すると、色々なことが起きます!

 

普段はスラスラと弾けるのに、突然頭の中が真っ白になったり(!!)

暗譜が心配だった生徒さんは、よく集中して弾けたり

緊張して手足が震えてしまうこともあります。

 

しかし、本番前はできるだけ多く人前で弾いて、思いもかけない箇所を失敗したりしますが、その都度、細かい練習をしていけば完成度は高くなっていきます。

講師の私たちも幼少の頃から、舞台でのミスは数え切れません。

例え、弾いているときにミスが気になっても、最後の音を弾くまでは絶対に諦めないことが大事です。

そして、いつも通りに弾ける!と自分を信じること。

それが【自信】だと思います。

舞台の上ではたった一人です。

その中でいつも通りに演奏するのは【練習】の積み重ねこそが、【心の安心】と【自信】に結びつきます。

 

私は、演奏中に何があっても最後の音まで集中するよう努めています。

それは、まるで筏につかまって何があろうとも岸へたどり着くような心境かもしれません。

少しでも【うまくいったな】なんて思った瞬間に間違えたりして、何度となく反省をしてきました。

心の隙は油断大敵です。舞台の上では何があるか分かりません。

 

100%準備をしたとしても、緊張して舞台の上で80%出せれば良い方だと思います。

少しのミスがあっても、自分の表現したいことを存分に出せれば達成感があります。

しかし、ミスが気になり連鎖が起きたりして、普段の力を発揮できないと残念ですね。

 

余計なことは考えずに、いつも通り目の前にある音に集中し、フレーズを心の中で歌うこと。

暗譜やテンポが速くなり、心配になってきた時は、必ず左手のバス(低音)をよく聞くようにしています。

 

歩く為に足がないと歩けないように、ピアノも左手のバスと和音が音楽を支えています。

ついつい右手の忙しいパッセージに気を取られがちですが、左手だけ暗譜で通せるようにしておけば、とても安心して弾けます。

是非、試してみて下さい。

 

今回のピアノ発表会では、恒例の講師演奏もあります。

久我山教室の私の植山と恵比寿教室の三好先生は連弾でバッハを、

同じ恵比寿教室の市川先生は今年生誕250周年のベートーベンを、染矢先生はドビュッシーを、

そして神楽坂教室の倉地先生はラベルを演奏させて頂きます。

 

皆様にとって、素敵な発表会となりますよう講師一同しっかりとサポートをさせて頂きます。

今年は素敵なプレゼントもご用意していますのでお楽しみに!

 

2/8(土)ピアノ発表会 日仏会館ホール

いよいよ今年もピアノ発表会まで2週間です!
昨年に引き続き、フランス人と日本人の合同発表会です。

日頃の成果を存分に発揮できる機会になることを、願っております。

Bechsteinの素晴らしピアノがあります!

ピアノ発表会 

入場無料)

第1部 11:40

第2部 13:30
第3部 15:00

今年の会場は、恵比寿の日仏会館ホールです。
とても素晴らしい響きのべヒシュタインのグランドピアノがあります。
べヒシュタインはドイツ、ベルリンのピアノですが、重厚感のある素敵な音色です。
演奏される方、聞きにいらっしゃる方にもお楽しみ頂けると思います。
プログラムも完成しました。
今年は、出演者の方へ可愛らしいプレゼントをご用意しています。
どうぞお楽しみに!

Concert de piano 2020

Maison franco-japonaise

https://www.mfjtokyo.or.jp/access-map.html

 外玄関から直接ホールへ

日仏会館ホール

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25 電話 03-5424-1141
恵比寿駅JR東口より徒歩8分
JR山手線:恵比寿駅東口
JR恵比寿駅東口よりガーデンプレイス方面の動く歩道(恵比寿スカイウォーク)の終端より外に出て、左手の交差点を渡り、ガーデンプレイスを右手に見ながら直進すると次の交差点の角が日仏会館です。

アクセス https://www.mfjtokyo.or.jp/access-map.html

 2019年ピアノ発表会

第1部 11:40

1 一色 望緒 ギロック 教会の鐘
Mio ISHIKI Gillock Mission bells
2 エミリー バラバ フランス民謡 月の光に
フランス民謡 きらきら星
Emilie BARABA Chanson française Au claire de la lune
Chanson française Ah! vous dirais-je, Maman
3 アンナ カノー ホフマン ビビディ・バビディ・ブー
Anna CANNAUD Al Hofmann Bibbidi-Bobbidi-Boo
4 オンリー バラバ バスティン 小さなインディアン
マルタン ブギー No.1
Henri BARABA Bastien Le petit indien
Martin Boogie Nr.1
5 カン ユミ ギロック ガラスの靴
デンマークの歌 水兵さんお踊り
Kan YUMI Gillock Chaussures en verre
Chanson danoise La danse des marins
6 マルゴ バルラン E.グリーグ アリエッタ 作品12-1
ルボス スルカ 「リトミカ」
Margot BARLAND E. Grieg Arietta op.12-1
Lubos Sluka “Rytmicka” from Moments at the Piano
7 佐藤 春空 ショパン マズルカ 作品17-1 B-dur
シューマン 音楽の夜会 から ノットゥルノ Op. 6-2
Haruaki SATO Chopin Mazruka Op.17-1 B-dur
Clara Shumann Soirees musicales “Notturno” Op.6-2
8 テリー 井上 久石 譲 サマー
Terry INOUE Jyo HISASHI L’étè
9 植山 知恵子 ショパン ノクターン 作品9-2 Es-dur
Chieko UEYAMA Chopin Nocturne Op.9-2
10 野崎 久実子 ショパン 華麗なる大円舞曲 作品18
Kumiko NOZAKI Chopin Grande Valse brillante Op.18
11 梶原 泉 ショパン ノクターン 作品32-1 ロ長調
Izumi KAJIWARA Chopin Nocturne Op.32-1
12 阿部 美穂子 ショパン スケルツォ第2番 作品31
Mihoko ABE Chopin Scherzo Nr.2 Op.31
13 新井 ひな乃 ドビュッシー 「金色の魚」映像第2集より
Hinano ARAI Debussy 「喜びの島」
Hinano ARAI Debussy “Poissons d’or” Images Livre I
“l’isle joyeuse”
14 【講師演奏】倉地恵子 ラヴェル 水の戯れ
Ravel Jeux d’eau

第2部 13:30

15 【講師演奏】染矢 早裕子 ドビュッシー 「月の光」ベルガマスク組曲より
16 吉田 花菜 ギロック ゆらゆらゆれて
スピッツ やさしいあの子
17 高塚 沙矢 デイズ二― ミッキーマーチ
デイズ二― ハイホー(姉妹連弾)
18 高塚 梨緒 ペーツォルト メヌエット ト長調 BWV Ahn.114
19 田中花 ストリーボッグ 小さな妖精のワルツ(謝肉祭)
20 シタール空 ホルスト (橋本晃一 編曲) ジュピター
ティム ミンチン (フィリップ ケヴェレン 編曲) マチルダより「ウェン アイ グロー アップ」
21 吉村 萌花 デュセック ソナチネ Op.20,No.1 第2楽章 アレグレット
22 藤田 理央 ベートーベン ソナチネ 第6番 Anh.5 第1楽章
23 田中 杏 ショパン ワルツ第19番 イ短調 遺作
24 藤田 由紀子 メンデルスゾーン 「ベニスのゴンドラの歌」無言歌集よりop.30-6

第3部 15:00

25 【講師演奏】植山けい・三好美穂 バッハ (小森昭宏 編曲) フルートソナタ第2番BWV1031より「シチリア―ノ」連弾
26 佐藤 美娃 童謡 ちょうちょう
童謡 親子連弾 ぶんぶんぶん
27 木原 花凜 童謡 親子連弾 かえるの歌
28 松田 進之介 ギロック アルゼンチン
ヨゼフ レウ 姉弟連弾 よる
29 岩屋 佳那 ブルグミューラー シュタイヤ―舞曲
30 鈴木 梨央 ストリーボッグ すみれ
31 松田 葵 モーツァルト ソナタ第11番 K.331 第3楽章 「トルコ行進曲」
32 山田 桃可 バッハ インベンション BWV781 G-dur
ショパン ワルツ Op.70-2
33 小石 龍之介 バッハ フランス組曲第5番 BWV816 プレリュード、サラバンド、ガボット
レシェティツキ ロマンス「慰め」 Op.40 Nr.2
34 市川 高嶺 ベートーベン (ルビンシュタイン 編曲) トルコ行進曲 Op.113-4
お問い合わせ
アクセス