Kay Music Academy

〜子供から大人のためのピアノとチェンバロレッスン〜

IMG_0003

植山 けい(うえやま けい/ピアノ・チェンバロ)

(久我山:ピアノ・チェンバロ、恵比寿ピアノ:土曜日担当、日仏英語レッスン)

ロンドン生まれ、東京育ち。 桐朋学園大学ピアノ科卒業後、13年間に渡り欧米4カ国で研鑽を積み、2011年に日本へ帰国。 主にフランスと日本で精力的に公演活動行うほか、 2012年東京にてピアノ&チェンバロ音楽教室を開設し、音楽教育にも力を注ぐ。京都市立芸術大学 非常勤講師、同志社女子大学嘱託講師、Kay Music Academy&AFJ atelier de piano主宰。

学歴

桐朋学園音楽教室(9年間)を経て、桐朋学園女子高等学校、桐朋学園音楽ピアノ科卒業 ロンジー音楽院パフォーマンス・ディプロマコースピアノ科修了、チェンバロ修士課程修了(アメリカ) ブリュッセル王立音楽院フォルテピアノ科修士課程修了(ベルギー) アムステルダム音楽院チェンバロ科修了(オランダ) ブローニュ・ビヤンクール地方音楽院通奏低音科・演奏家コース修了(フランス)

公演

2002年アメリカ、東京デビューコンサートを開催。 フランス、ドイツ、アメリカ、日本にてラジオ、コンサートに多数出演。 ボストン古楽音楽祭(アメリカ) モーツァルト音楽祭ヴュルツブルグ宮殿(ドイツ) ヴェルサイユ宮殿ロイヤルチャペル、サル・プレイエル(パリ)、エクス・アン・プロヴァンス大劇場(南仏)、ルーアン大聖堂(フランス) ブリュッセル王立楽器博物館(ベルギー)

レコーディング

2012年4月 Integral Classicレーベル(フランス)より2枚のCDを世界15カ国でリリース パリと東京で記念コンサートを開催(パリ・シャトレ劇場、渋谷・タワーレコード等) 2012年6月号 【レコード芸術】において、【バッハ:ゴルトベルク変奏曲】が特選盤に、また【デュポール:チェロソナタ集】が準特選に選出。 また、【バッハ:ゴルトベルク変奏曲】が朝日新聞推薦盤に選ばれ、“あくまで自然で、しかも喜びにあふれたバッハの世界”と絶賛される。 同時にフランスで最も権威あるDiapason D`orを受賞し、ラジオフランスで注目の新人演奏家として放送される。また、デュポール:チェロソナタ集がNHK-FM 古楽の楽しみで放送される。2018年5月パルティータ全曲録音をフランスの1776年C.Kroll製のチェンバロで行い、キングインターナショナルより発売される。

http://www.kinginternational.co.jp/classics/kkc-0523/

partita CD

English/Kay Ueyama

Born in London, Kay Ueyama grew up in Tokyo. Kay earned prizes at the Paola Bernardi Harpsichord competition in Italy in 2003 and in the Yamanashi Early Music competition in Japan in 2005. She studied piano at the Toho School of Music, Performance Diploma in piano at the Longy School of Music (U.S),harpsichord at the Amsterdam Conservatory (Holland), Boulogne Conservatoire (France), and earned Masters Degrees from both The Longy School of Music (U.S) in harpsichord and The Royal Conservatory of Brussels (Belgium) in pianoforte. She is active as both a soloist and a chamber musician in Europe, the United States, and Japan. She was selected to perform as a soloist with Ensemble Prometheus21 and the Orchestra Les Siècles. Her performances have been broadcast on Dutch AVRO classic radio channel, Mezzo TV, and France musique. She has been invited to a number of major music venus, including Mozart festival at the UNESCO World Heritage Centre Würzburg residence (Germany), Salle Pleyel (France), The Royal Chapel at the Château de Versailles (France), and at the Concertgebouw (Holland). In 2002, Kay Ueyama first performed the Goldberg Variations in Boston. In 2011, she recorded sonatas for cello of J.P.Duport with Raphael Pidoux on Integral Classic and it was selected as a “Silver prize” by Record Geijyutsu (Art of Disque). She has also recorded her first solo album Bach:Goldberg Variations which was selected as “Diapason Decouverte” in France,”Gold prize” by Record Geijyutsu (Art of Disque) and the ASAHI Newspaper. Kay has studied piano under Yoriko Kojima,Victor Rosenbaum,Dang Thai Son, fortepiano under Piet Kuijken and Boyan Vodenitcharov and harpsichord under Peter Sykes, Menno van Delft, Christophe Rousset and Huguette Dreyfus. Profile3_

Francais/Kay Ueyama

Née à Londres, Kay Ueyama a grandi à Tokyo. Elle est diplômée de l`Université de musique Toho(à Tokyo), du Conservatoire d`Amsterdam, titulaire d’une maîtrise de clavecin obtenue au Conservatoire de Longy (à Boston) et d’une maîtrise de pianoforte passée au Conservatoire royal de Bruxelles. Elle a été lauréate du concours de clavecin Paola-Bernardi en Italie en 2003 et du concours international de musique ancienne qui s’est tenu au Japon en 2005.Elle étend ses activités de soliste et de chambriste en Europe, aux États-Unis et au Japon. En 2010, elle a été invitée comme claveciniste soliste pour jouer l`intégrale des Concertos brandebourgeois de J.S. Bach avec l`ensemble Prometheus 21 et l`orchestre Les Siècles, retransmis par la chaîne Mezzo et France Musique. Comme pianofortiste, elle a été invitée par l`Ensemble Capitol Chamber Artist de New York. À cette occasion, le journal Times Union a fait son éloge. Sollicitée par de nombreux festivals parmi lesquels le festival de musique ancienne de Boston (USA), ou, en France, le festival de Rouen(France), et le festival Mozart dans le magnifique cadre classé à l’inventaire de l’Unesco du château de Würzburg(Allemagne), elle s`est également produite lors de concerts à Paris, à la salle Pleyel ou à la Cité de la musique, ainsi qu’à la Chapelle royale du château de Versailles, en Belgique, au Musée des instruments de musique de Bruxelles et en Hollande, à la salle Concertgebouw ou la radio néerlandaise AVRO a diffusé son concert. En 2002, Kay Ueyama a donné en récital les Variations Goldberg à Boston et fait ses débuts comme claveciniste à Tokyo. En 2011, elle a enregistré son premier disque solo Bach:Les Variations Goldberg qui été classé “Diapason découverte” en France et »Prix d`or » dans le Record Geijyutsu et le journal ASAHI au Japon. Elle a également enregistré des “Sonates pour violoncelle de Duport” (avec Raphaël Pidoux et Pascale Jaupart) produites et distribuées pour la première fois au monde par lntegral Classic.Ce disque a égamenent été classé “Prix d`argent” par le Record Geijyutsu. Elle a participé à une masterclass de Gustav Leonhardt et complète sa formation sous l’égide de grands maîtres: pour le clavecin, Peter Sykes, Menno van Delft, Christophe Rousset et Huguette Dreyfus; pour le pianoforte, Piet Kuijken et Boyan Vodenitcharov, pour le piano, Yoriko Kojima et Victor Rosenbaum. image

山田悠莉 (やまだゆうり/ピアノ) 

恵比寿教室:日曜日担当(日英語レッスン)

3歳よりピアノを始める。国際基督教大学(ICU)在学中に、パリのEcole Normale de Musique de Parisに留学する機会を得て音楽家になる決意をする。大学卒業後、ボストンのBerklee College of Musicに奨学金を得て入学。ピアノを鈴木久仁子、河村康士、Jacque Lagarde、Ed Bedner、Laszlo Gardonyに師事。演奏家としてだけでなく、作曲家として様々なミュージシャンと共演し、ボストンの音楽ホールで精力的に演奏活動をする。帰国後、舞台・映画・CMへの楽曲提供など創作活動やバレエ伴奏を行う傍ら、音楽教育へ情熱を傾け、日本語/英語/フランス語でレッスンを行っている。 趣味:ガーデニング、LPレコード集め image

 

 mihoko.oトリム

大嶋 美帆子 (おおしま みほこ/ピアノ) 

恵比寿教室:水、木、土曜日担当(日仏英語レッスン)

4歳より母大嶋郁子の指導の下ピアノを始め、桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部を卒業。同年秋に渡仏し、パリ市立地方音楽院の最高過程を審査員満場一致で卒業、スコラ・カントルムのコンサーティスト過程においてディプロムを取得する。帰国後、東京藝術大学大学院修士課程ピアノ科を修了。これまで徳丸聡子、オリヴィエ・ギャルドン、ジョルジュ・プルーデルマッハー、迫昭嘉、斉藤龍の各氏に師事する。

現在は東京に拠点を置きながら演奏活動を行う。これまでフランス、ドイツ、スイス、イタリア、ルーマニアにおいてリサイタルを行うほか、クラヨーヴァ・フィルハーモニック・オーケストラ、ライプツィヒ・フィルハーモニック・オーケストラと協演する。パリ郊外カミーユ・クローデル美術館の開館に伴い、オープニング・ウェブサイトの音楽を担当する。

第4回コープ・ミュージックアワード アントニオ・ベルトリーニ国際コンクールにてピアノ部門第1位、総合第1位、アントニオ・ベルトリーニ賞受賞、第2回ジャック・タデイ国際音楽コンクール第1位、第2回ヤング・ピアノスターズ国際ピアノ・コンクール 第2位、第7回リヨン国際ピアノコンクール、シャトゥー国際ピアノコンクール、第2回ユーレッジョ・ピアノ・アワードにて入選。第20回宝塚ベガ音楽コンクール第4位、第29回飯塚新人音楽コンクール第3位、第10回ショパンコンクールin ASIA アジア大会入賞など、国内外のコンクールに入賞。

Mihoko Oshima

Née à Yokohama en 1987. Elle commence l’étude du piano à l’âge de 4 ans avec sa mère Ikuko Oshima. Elle s’est ensuite formée au TOHO GAKUEN high school of music et elle obtient son diplôme de licence en 2010 au TOHO GAKUEN College of Music dans la classe de Satoko Tokumaru. Depuis 2010 elle poursuit ses etudes France, elle obtient le diplôme de concertiste à l’unanimité du jury au Conservatoire à Rayonnement Régional de Paris dans la classe d’Olivier Gardon en 2013, elle obtient le diplôme de concert à la Schola Cantorum dans la classe de Georges Pludermacher en 2015. Depuis 2015, elle perfectionne son art au Japon, elle obtient son diplôme de master en 2018 au Tokyo University of the Arts dérpartement de Piano dans la classe d’Akiyoshi Sako et Ryu Saito. Elle joue au Japon, en France, en Suisse, en Allemagne, et en Romanie, soit en récital, soit avec orchestre : Philharmonie Leipzig, Craiova “Oltenia” Philharmonic Orchestra. Elle a reçu le 1er prix et le Grand prix avec le Premio Antonio Bertolini de 4eme Coop Music Awards (Italie,2015), le 1er prix du concours Jacques Taddei (France,2014) , le 2eme prix de 2eme Young Piano Stars (Germany, 2015), et le 2eme prix de la Music summer international piano competition (France,2013) , et la Finaliste de 7eme Concours International Piano de Lyon (France,2015), la Finaliste de Concours de piano de Chatou (France,2013). Elle est aussi lauréate de plusieurs concours national tels que le 20eme Takarazuka vegas music competition (Japon), le 10eme International Chopin piano Competition in ASIA, et le 29eme Iizuka-Shinjin competition (Japon).

takane photo小

市川 高嶺(いちかわ たかね/ピアノ)

恵比寿教室:土曜日担当(日仏語レッスン)

3歳よりピアノを始める。桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学、同研究科を修了後、パリ・エコール・ノルマ音楽院へ留学。ピアノ、室内楽において高等演奏家ディプロムを取得、同時にスイスのベルン高等音楽院で1年間研鑽を積む。UFAM国際音楽コンクール室内楽部門第1位、第5回全日本彩明ムジカコンコルソ最高位、東京国際芸術協会新人演奏会オーディション合格。フランスの音楽祭、シャトーなどでのコンサートに出演。帰国後大阪・東京でリサイタルを開催。ザルツブルガー・ゾリステン、ワルシャワ・フィル・コンサートマスターズと共演、ポーランド・シレジアフィルハーモニー管弦楽団とシューマンのピアノ協奏曲を共演、好評を博す。2018年、東京文化会館にてリサイタルを開催。これまでに、アラン・ムニエ(Vc)、フランソワ・ソゾー(Cl)、ミルトン・マシャドリ(Cb)、二宮和子(Cl)、林峰男(Vc)などの各氏と共演。2012年ヴォイオリニスト山崎えりかとのDuo(デュオ) la(ラ)Butte(ビュット)を結成し東京、名古屋にてデビューコンサートを行う。2016年には、ヴァイオリニスト宮澤さやかとネパール・カトマンズにてコンサートを行い、近年は趣味の登山から山小屋などでのコンサートにも積極的に取り組む。ピアノを鍵岡眞知子、有賀和子、アンドレ・ゴログなどの各氏に師事。現在、ショパン国際ピアノコンクールin ASIAなどの審査員を務め、伴奏・室内楽で活躍する傍ら、後進の指導にも力を注ぐ。公益財団法人日本ピアノ教育連盟会員。

メッセージ:

私は小さな頃から「まだ見たことのない世界」に憧れ、一人で夢を見ている子供でした。「知らない世界に行ってみたい・・・」 そんな夢が叶って、初めて一人でパリに旅立った時、私の側に居てくれたのがピアノの存在でした。練習嫌いの私だったはずなのに、「ピアノと一緒なら、私はどこに居ても大丈夫!」そう強く感じました。それからはずっと一緒に、人生を共にしています。 音楽は祈りや想いを人に伝えるためのもの、そして人に安らぎや喜びを与えるためのものだと思っています。そして一つの音楽との出逢いが、人生を変えてしまうこともある・・まるで魔法のようだなと思います。その魔法にかかって、日本、フランス、アメリカで勉強を続けてきました。 パリにて、伝統的な音楽が人々の生活に自然と根付いていると知ったこと、ボストンにて、クラシックだけでなく、ジャズ・ロック・民族音楽など様々な音楽を分け隔てなく誰もが楽しんでいると知った喜び、NYの街角で見たストリートミュージシャンやゴスペルのように音楽を人々と分かち合うという大切さ、そして帰国して音楽を教えるようになり、生徒さんたちが初めて好きな曲を弾けるようになった時の輝くような笑顔、音楽を聴いてくださった方々の笑顔は、私にとってかけがえのない宝物となっています。 全ての方にとって、音楽が一生のパートナーとなるといいなと思います。 もちろん、それは一人一人違う形で、音楽との出逢いには決まったものがありません。人生のその時々によって、自分で見つけていくものなのだと思います。だからこそ面白く、私もまだその旅の途中にいます。「ピアノをやっていて良かった!」と心から思って頂けるように、そのお手伝いが出来ればと心から願っております。 image    image  NYの街角で、誰でも弾いて良いというピアノ「アートプロジェクト」で弾く子供たち。

理念・方針
プロフィール
レッスン実績
お問い合わせ
アクセス