Kay Music Academy

〜子供から大人のためのピアノとチェンバロレッスン〜

English・英語

♪ご希望の生徒様には、音楽レッスンと共に英語やフランス語も学んで頂けます。

ネイティブの生徒様には、英語、フランス語でレッスン致します。

お子様-大人の生徒様のレベルとご要望に合わせて、教材をご用意します。音楽を習得する方は、耳が良く訓練されているため、語学の発音もとても良いです。 ただ今、4歳~高校生まで語学&ピアノのコースをレッスン受講中です。

体験レッスン随時受付中♪お申込みは⇒こちら

 

English1

内容 (1) 発音 (2) ネイティブのスピード (3) 文法 (4)コミュニケーション

ネイティブスピーカーのフレーズをSONYトーキングカードから聞き取り、繰り返すことにより、良い発音やとっさの一言が身に付きます。 英語とピアノレッスンを組み合わせることで、意識の切り替えと集中力を同時に養います。 使用教材 SONYトーキングカード 初心者-ビジネス英語 Lady bird社:イギリスの小学校教材:Peter and Jane レッスン例 現在、5歳で英語・ピアノを組み合わせてレッスンをしている生徒様がいらっしゃいます。 SONYトーキングカードでネイティブの英語を聞き取り(耳)、イメージ(目)=発音(口)=意味(理解力)で総合的に理解し、語彙を増やしていきます。家でもお母様と英語カルタで遊びながら英語に親しみます。また、イギリスの小学校のベストセラーの教材を読み、想像力、読解力を高めます。 早いお子様は、初めて英語に触れて3回のレッスンで80個の単語をカルタで覚えました。また、小4の生徒さんは、会話フレーズをカルタとCDで100つ覚え、スラスラと言えるようになりました。カタカナを使わずに、日本人の苦手なBとV , RとL の発音を耳と口の形で覚えるため、すぐに発音が良くなります。 実践的な英会話を身に付けますので、夏のアメリカンスクールや英語のキャンプや海外旅行へ行った時に、すぐ英語に親しめます。毎回のレッスンであいさつ、自己紹介を英語でするよう心掛けています。

【英検】 小・中・高校生の生徒が見事に合格しています。

●小学1年生よりピアノ30分&英語15分のレッスンを続けてきたRちゃんは、小学5年生で見事英検5級に合格しました。早速4級の勉強を始めています。もともとシャイで声の小さかったRちゃんが、英語ができると自信を持つようになり夏のアメリカンスクールのキャンプへ行ったり、すらすらと中1レベルの英文も読み、書きできるよになった変化が素晴らしいと思います。

●帰国子女のHちゃんは小4で英検2級(高校卒業レベル)に見事合格しました。海外生活から帰国して英語を使わないと忘れてしまい新しい単語を学ばないということで、ベストセラーのEnglish Grammer in useというイギリスの分厚い文法書を毎週学んでいます。面白いと毎週宿題もして新しい単語や熟語を増やしてきました。

●英語が苦手というHちゃんは、高校3年生の時見事クラスで1人だけ英検2級に合格しました。

発音を直すことや毎日の生活を英語で話せるように面接の特訓もしました。受験英語は沢山勉強したのに話せないということが、日本の英語教育ではしばしば目にします。実際に海外へ行ったり外国人と話す時に言葉が出てこないのでは、勿体ないですね。

その為、ネイテイブスピーカーが話しているCD(①ゆっくり②速いスピード)の長文をシャドーリーデイングし、和訳をした後に私が英語で内容について質問して英語で答えるという練習を1年以上続けました。その結果、英語の発音もとてもきれいになりその後、大学受験をして晴れて希望の薬学部へ入学してピアノも続けています。

ピアニストを目指しているHちゃんは、私がボストンで習ったピアノの恩師Victor Rosenbaumに英語でレッスンして頂き、ベートーベンのソナタ第3番を聞いて頂きました。音楽留学をしてまず必要とされるのは語学力です。いくらピアノが弾けても先生とコミュニケーションができなければ大きな時間をロスしますし、レッスン内容も十分に吸収できません。また、飛行機、家探し、コンクールを受ける時など自分で多くのことをオーガナイズしていかなければいけません。将来、国際的なピアニストとして羽ばたいていくのに必要な語学力を今から身に付けて頑張ってほしいと思います。

もともとはバッハを中心にピアノレッスンをしていましたが、中学校に入り英語のテストの点数が悪かったことから60分ピアノレッスンの半分を英語の勉強を一緒にすることになりました。すると、3カ月後には英語の勉強のコツを掴み次のテストでは40点以上Upしました。今までピアノの練習に一生懸命だった為、勉強にあまり時間を費やしてこなかったようです。音楽をする時には、脳、目、手足を同時に動かし非常に複雑なことを同時に行っている為、皆IQは高いと思います。

勉強ができないのではなく、勉強の仕方を知らなかっただけなのです。その1年以内に見事英検5,4,3級まで合格しました。まだ英作文や話すことに慣れていないので、3級の面接試験のために英会話を中心にレッスンをしていきます。

English2_

French ・フランス語

Cours de piano en Francais ⇒Plus des informations au site de AFJ---Logo-francophone-01

http://www.afj-japon.org/index.php?id=3063

ピアノ・チェンバロレッスンに、ご希望の生徒様にはオプションでフランス語のレッスンも組み合わせることが可能です。また、在日フランス人協会からの依頼で、東京在住のフランス人のためのピアノレッスンを2017年秋より開始いたしました。ネイティブの生徒様にはレッスンを全てフランス語ですることも可能です。

最近では、日本でもフランス音楽、フランス文学、フランスワイン、レストラン、ケーキなどフランス文化が大変な人気です。 French1

内容 (1) 発音 (2) ネイティブのスピード (3) 文法 (4)コミュニケーション

基礎文法、リスニング、会話、E-メール、仏検対策など幅広く、ご要望に合わせてレッスンプランをご用意いたします。 フランス語の発音は大変美しく、ドビュッシーやラベルの音楽の世界と非常に深く繋がっています。また、フランス音楽を深く理解する上で、フランス音楽の持つリズムや発音を理解することは、大変重要となります。 使用教材 ソルボンヌ大学のフランス語コース使用教材:Grammaire 350,Nouvelle Grammaire du Français、Eメールのフランス語、コミュニケーションのフランス語

レッスン例

現在、大人の生徒様で、来年よりフランスへ転勤予定のため、フランス語とピアノレッスンを行っています。 大学時代に学んだフランス語を復習しながら、パリへ行ってすぐに使用できる日常会話、メールの書き方、また仏検準3級、準2級に合格しました!ピアノは、以前に弾いていたソナチネから復習し、指の力や自由な表現力を養っています。 また、小学校の生徒様は、学校でフランス語の授業を受けている為、ピアノレッスンへ来た時の挨拶やお天気をフランス語で話しています。少しでも、普段の生活に習った用語を使い、コミュニケーションをすることが、語学習得への近道です。 French2_

L`esprit

Former chaque musicien selon sa sensibilité, son talent et son originalité. J`enseigne selon une méthode originale issue de ma formation, acquise dans 5 pays différents (en France, aux Etats-Unis, au Japon, en Hollande et en Belgique) Je m`attache à développer l`originalité et le talent du chaque élève,individuellement. Je donne cours aussi bien à des enfants de 3 ans qu’à des adultes, pianistes professionnels. Il est possible d’apprendre le piano ou le clavecin, en japonais, francais ou anglais. Il me semble très important de développer son imagination et d`exprimer ses sentiments grâce à la musique. Pour réussir dans cet objectif, il est également nécessaire d`acquérir une solide technique, également enseignée. Je considère que la personnalité, propres à chacun, sont des éléments très importants dans l’apprentissage de la musique. Outre les techniques d`exécution, je souhaite enseigner à mes étudiants les différents styles (ou écoles) de musiques, leur parler de la vie des compositeurs pour mieux appréhender la musique dans toutes ses dimensions. Le travail porte principalement sur les pièces que les élèves souhaitent jouer et avec des efforts réguliers, ils prendront confiance en eux puis pourront finalement jouer en concert avec un grand naturel. Chaque année, deux « Concerts de salon » sont organisés, précédant le « Grand concert annuel ». Les Concerts de salon ont pour but de permettre à l’élève de s`habituer à jouer en public tout en passant des bons moments grâce à la musique. C’est également une excellente occasion de pouvoir communiquer avec les autres élèves dans une atmosphère détendue et amicale. Le grand Concert annuel aura lieu dans une grande salle de 350 personnes.C`est un très bonne occasion de jouer et partager la joie avec votre famille et vos amis. Les cours se déroulent dans une atmosphère européenne où l`on peut apprécier une tasse de thé tout en étudiant.